あるSEとゲーマーの四方山話 [RSS]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. このエントリはコメント不可
  2. | このエントリはトラックバック不可
  3. --/--/--
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

日本の未来は心配ない。でも優れた子供達と共に歩んでいくには、、、

現行の成果主義は個人評価の方法として妥当か?

<てるや>
プログラマーの話はとかく面白いw

会社のスループットを最大限にするTOC理論というのはこちらが詳しい。
ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
エリヤフ ゴールドラット (2001/05/18)
ダイヤモンド社

この商品の詳細を見る

発売された当初は大ヒットしたが、○○ゆえ、○○すべきである!みたいなビジネス書ではなく、500ページを超える最初から最後まで小説、物語である。忙しいビジネスマンが読みきれただろうか?会社経営を立て直す物語としてはプロジェクトX以上に面白い。

内容を極端にはしょれば、成果主義のような個々の能力を最大限に発揮すると仕掛品在庫がボトルネックで極端に増え、会社はつぶれる。例えコストが多くかかろうが、アウトソーシングしようが、ボトルネックとなるところに最大限の力を注ぎ、出力を最大にする。

一度それを構築したら終わりじゃなく、ボトルネックは移動し変化に対応し、さらに選択と集中をしていき、と、この発展に終わりはない。トヨタが昔からジャストインタイムというほぼ同じ考えで在庫と仕掛品をもたず、今なおその究極を突き詰め発展改善させてるとはよく聞く。

こと製造業に限った話ではなく、情報処理から家庭内不和の問題まで応用できるというのも面白いw

「以下はたくさんの語彙と考え方をWebから吸収して、子供達と共に未来を切り開いていこうという話。」
物語にも出てくるが、よく考えたら当たり前のこのTOC理論をどうやって従業員や重役にわかってもらえるか?というのが最大の壁である。逆に当たり前のことを理解できず、理解しても実践できないから経営コンサタントという職種があるのだろうか?

「君の部署は絶対に頑張らないように」
「社長、この部門は少し利益出してますけど、選択と集中で切り捨てましょう」
「社長、ここのボトルネック部門の出力を上げるため、ここだけ赤字になってもコストを掛けましょう」
なんていっても個々を見た成果主義の考えではまず通るわけがない。みんながそれぞれ納得するシステム作りが重要になる。

この本が発売された当初も、「この当たり前のことをどうやってみんなに理解してもらうか?」という最大のテーマが解決されないままだった。そして応用編のザ・ゴール 2 ― 思考プロセスそしてチェンジ・ザ・ルール!が発売された頃である。物語の中では「他社がTOCでめざましい結果を出してる」ということで、わりと素直に企業がTOC理論を当たり前として捕らえるようになってきた。とすると日本の多くの会社でもそのうち成果主義ではない、合理的なシステムがしかれるのは時間の問題か?


さて、こないだの政治の話である。

日本は政治家も官僚も司法もみんな個々が優秀なのだろう。しかしみんな自分の仕事を100%、200%頑張るため、日本国のGDPというスループットが減少してしまう。

いかに税金を多く集めるか?財源がないうえでいかに道路を作るか?訴えを検事としていかに有罪へもっていくか?結果からみても日本の司政官は超がつくほど優秀だ。ただこれらはみんな個人が自分の名誉か利益のために動いている。かつての幕府や維新志士とは違い「未来の日本」という視点が抜けている。それは僕たち国民も同じ。

国民も政治家を選ぶにあたって「公共事業をしてくれないと困る」「会社の付き合いからするとここに勝ってもらったほうが利益になる」という判断での投票となる。そうでなければ「知ってる芸能人に投票しよう」「自民でも、民主でも結局やること一緒だから投票しても意味はない」ぐらいの選択肢しかない。(共産主義でもいいからまじめな共産党に投票しようってのもあるか?)

ここで、Google。
「自己の利益を最大限にするには、限られたパイをいかに奪うかではなく、手を取り合う利用者全員で巨大なパイを作ることである」というのを自ら体現している。(別にGoogleがそう発言したわけではない)

日本で大成功を収めてる斎藤 一人氏も「競争ではなく協創。知恵はどんどん分け与え、敵を作らず味方にする」という概念で、惜しみなく分け与え、協力して共に発展する感じで歴代ダントツ1位の税金を納めるほどになっている。

周りでこうやってどんどん結果が出てるとなると、そのうち物語のようにみんな変わらざるを得ないのではないだろうか。みんなで巨大なパイを作るという認識を政治家も国民も共有する。。。その鍵はWebかもしれない。

つまり、語彙の量が豊富な人ほど、より複雑な思考が可能なのではないかと考えることができますね。


なるほど!人間の脳はインターネットと同じで、脳のさまざまな情報へいろんなシナプス経由からアクセスして考え、答えを出す。語彙が増えるというのは、ブログやニュースサイト、ホームページができることと同じで脳内での情報が増え、それによる組み合わせと思考の深さ。洞察力が増すことになる。TOC理論でもグーグルのやり方でもスッと頭に入りやすくなるわけだ。

語彙を増やすというのは漢字や英語を覚えるという基礎に、他人のさまざまな考えを聞き、吸収するという応用もある。そして今うまくいってる社長が本を通してみなある共通のことをいう。それは「本を読め」だ。本はみんながそれぞれの人生で体験した学びや経験を圧縮したものだから、人生訓でも物語でも自分の思考の中ではその組み合わせが幾何数的にどんどん増える。すると、深い洞察力を得られ、今までできなかった当たり前の思考、当たり前の行動が普通にできるようになる。そこまできたら、当たり前のように成功し、当たり前のように幸せにもなれるだろう。

ただ、本を読めといっても本を読む習慣がない人はどうするか?
変わりに漫画やTVドラマ、映画ではどうだろう?

意外と漫画を読み込んでる人が洞察力を発揮して鋭いことをいったりする。漫画に出てくるキャラクターにいろいろ教わったという人も多いだろう。しかしそこまで。手塚治虫の火の鳥のように深く哲学を突っ込んだ漫画ならともかく、多くの漫画、映画は、何か問題を解決するのに「ご都合主義」が多い。ご都合主義ではそのキャラクターから得られる考え方、哲学などの思考の種を得られない。会社の問題に対処するとき「スーパーサイヤ人だったらなんとかなるかな?」「デスノートを使って、利益アップ!」、、というわけにはいかない。

もちろん、漫画や映画はエンターテイメントを第一にしてるのでそれでよくて、哲学や衒学などを取り込む必要はない。(そりゃ哲学も衒学も取り込んでエンターテイメントに昇華してくれりゃいうことない)ただ思考の種とするなら歴史物のほうが良い。すでに起こった史実でそれを歴史の英雄がどう解決してきたか?そこにはサイヤ人もデスノートも出てこないからより現実につながる考え方と駆け引きを学ぶことができる。

そこでWebである。
自分が本を買うとしてもせいぜい週に1冊、月に多くて4冊。読むのに時間かかるし、買うのにもそれなりに出費を伴う。これが、インターネットとなると、非常に考察にとんだブログやホームページが多数ある。それらは記事としてまとめられ、読むのにそこまで時間はかからない。お金もプロパイダー料金と少しの電気代ですむ。わからない単語はWikiPediaやグーグルが対応してくれる。これは月に4冊の本を読む以上に刺激的で、いろんな種を生み出してくれる。刺激が止まらないので入り浸ってることも多いw

自分がブロードバンドを自宅に引いてまだ3年。それでもWebからはさまざまな思考の種をもらった。本を読む以上の多彩さとスピードで。だがブログが普及してからはまだそんなにも時間はたってない。もし、今の子供たちがこの環境でたくさんの種を頭に仕込みながら育ったらどうなるのだろう?

子供はWebじゃなくても日常のさまざまな事が初体験として刺激になるので、どちらにせぐんぐん育つのだが、毎日の全てが初体験でもあるまい。暇な隙間時間にもWebが入り込んだり、特に中学生以降の大人への準備段階で帝王学じみたWebの知識をどんどん吸収したとしたら?

当たり前のことが当たり前にできるようになる世代。政治も会社も今の30代以降からそっくり入れ替わる頃はどうなってるのか。。。。楽しみでもあり怖くもある(〃 ̄▽ ̄〃)

英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け 英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け
Nintendo DS (2006/01/26)
任天堂

この商品の詳細を見る

優秀な子供達と話ができるように語彙力を磨かなければw

 


体験版だけでも結構鍛えられるかもw
  1. コメントを書く(1)
  2. トラックバック(0)
  3. 2007/02/03
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

<<あの無双はこれでよろしいのでしょうか? | ブログトップに戻る| 監督の名前を覚えること。アメリカに行くこと。そして。。>>

コメント

<たっく> 

成果主義でうまくいってるのってほんの一握りだよね。あとは悪くなってる・・・。
ここ最近の企業の不祥事やリコールを見てたらわかるよね。
有名な経営哲学を形だけ真似したぐらいではうまくいかないもんだよ^^
  1. #/mQkURt2
  2. [編集] |
  3. 2007/02/03
なまえ:


コメント:

※スパム対策用に英数字のみのコメントをブロックしてます。

: 後で編集・削除用パスワード(設定しなくてもOK)



トラックバックURL: http://finalf12.blog82.fc2.com/tb.php/168-7f086083


※スパム対策用に、言及リンクのないトラックバック、英数字のみのトラックバックを制限しています。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 更新停止。

 <てるやん>(ゲーマー)
 teruyastarはかく語りき
(てるやんの移転先)


 <たっく>(SE)

過去ログ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。