あるSEとゲーマーの四方山話 [RSS]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. このエントリはコメント不可
  2. | このエントリはトラックバック不可
  3. --/--/--
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

任天堂の社長になる方法

ほぼ日・社長に学べ「4、私の人生を変えた相棒」

<てるや>
任天堂社長、岩田聡インタビュー。
このインタビューの中で、もしナンバー1になる一番大事な要素はなにかとしたら
ここじゃないかと思った。

<岩田>
たまたま高校時代に、
数学とかの授業の席が隣だったともだちが、
ちょっとおもしろいやつで、
一緒に数学の授業をきかないで
ゲームをやって遊んでたんです。


<糸井>
その子も、
コンピューターが好きだったんですか?

その子は……なんていうか、
わたしが作ったものをよろこんでくれる
わたしにとっての最初のお客さんなんです。
ユーザー第一号なんですよ。


つまり、お笑いの得意なやつに、
笑ってくれるやつがいたように
──。

まさに、そういう感じです。


漫画家の話とかとおんなじですね。
ぼくにとってはそれは誰だったんだろうとか、
思いだしながら話をきいていたもの。

少年時代に「相方」が見つかるとか
「読者」が見つかるというのは、
ほんとにすごいことですよね。

ときにはそれが家族だった人もいるだろうし……。

はい。
そいつとは、
やっぱりいまでも年賀状のやりとりは
ずっとありますけど。

人間はやっぱり、
自分のやったことをほめてくれたり
よろこんでくれたりする人がいないと
木にはのぼらないと思うんです。


ですから、
高校時代に彼と出会ったことは、
わたしの人生にすごく影響を
与えているんだと思いますね。


それがぜんぶの
おおもとになっているんだろうなぁ。



人間が理性や理屈では動かず、感情で生きるのだとしたら
その楽しい感情を加速させ、後押しする全肯定のお客さんが必要なんじゃないかと。

そんな人がいたら、自分でコントロールできない自分を
どこまでも木に登らすことができるわけです。
男の細かな欠点を指摘せず、
長所を見い出しどこまでも信じて肯定してあげる
いわゆる「あげまん」も同じ意味かもしれません。

お笑いの話もありましたが、
もしお笑いのトップがおだてられて木に登るとしたらおだてたのはお客さんでしょうか?
お客さんはどんな話にも毎回大爆笑してくれるわけではありません。
放送はされませんがときにはブーイングよりひどいドン引きを決め込むこともあります。

明石家さんまが、深夜で明らかに好感度が低い芸人とずっと一緒に番組を続けてるのはなぜでしょうか?
普通にメインだけで忙しいはずだし、ギャラがいいとも思えません。
島田伸介のローカルも同じことをしてます。
ビートたけしが、ちっとも伸びない「たけし軍団」を抱えてるのは?
ダウンタウンやウッチャンナンチャンの下に
いつもちょっとおかしな芸人がくっついてるのはなぜでしょう?

そして彼らはプライベートで自分と同レベルの芸能人や相方ではなく、そういった軍団とつるむことが多いそうです。
(まあ同レベルの人は忙しすぎか)

いや、別に普通のことだしごく自然でごく当たり前の話です。
でも、無意識に自分をおだててずっと木を登らすには最高の手段じゃないでしょうか??


それじゃあこのデタラメな仮説を元に、全肯定のお客さんをずっと確保する方法を考えて見ましょう。
(ジョースターさん、騙されるな。こいつ↑は生まれついての悪だ。くさった○○のにおいがプンプンするぜ!!by:スピードワゴン)

1、「自分の子供」
(ジョースターさん!!!)

自分の子供なのだから当然無条件に肯定してくれます。
親を頼りとする、小学校3年生ぐらいまでですかね?
そこまでは親が何をやっても「お父さんすごい!」と肯定してくれるでしょう。
肯定するのはなんでもいいんです。
この子のためにどんなことも頑張ろうという気になれます。
ただこの循環を保つためには「子供と過ごす時間」をきちんと確保しないといけません。

「小学校4年生になったらどうするか?」
新しい子供を作りましょうw
(惑わされるな、ジョースターさん!!)
この年になると思考力はすさまじく、下手すりゃ親を超えてることもままあります。
ただ知識と、経験と、表現力が不足してるだけで。
社会人として旅立たせるには、ここから子供という縛りを解くほうが懸命です。
自分の子供を「○○君」「○○さん」と呼ぶのは帝王学として効果的です。
大人と同列に扱い、礼儀と尊敬をもって接すれば
子供は自分で殻をやぶり、勝手にどこまでもすばらしい大人になります。
よくドラマで大富豪の家庭が自分の子供を「○○さん」と呼んでるのは
大衆への嫌味とは違う狙いがあるということです。


2、「あげまん」の確保。
(ジョースターさん、、、)←うるさいよw

たくさんの人と付き合ってください。
だれかわかるはずです。
手放さないよう大事に扱ってください。
「あげちん」もおなじ。

ただし、相手を「あげまん」にしようという思想改善はどこまでも無駄ですのでやめときましょう。
「あげまん」にいたるのには、その下地となる深い思考力と洞察力が必要です。
子供の頃にその素養を築いてないといけなく、大人からそう改善するのは無理がありすぎです。
さっさと次にいきましょう。

避妊はしてねw


3、「新卒を教育する」

できれば年が離れてるほうがいいですね。
年が上ということだけでも尊敬の対象になります。
自分の仕事も忙しいかもしれませんが、
わずかな時間を使ってでも、新卒を教育して育てることは
結局自分のためになり、相手のためにもなります。

もちろんこのとき教えるのは「技術」とか「仕事の仕方」じゃありません。
『船を造りたかったら、人に木を集めてくるように促したり、作業や任務を割り振ることをせず、はてしなく続く広大な海を慕うことを教えよ。』(サン・テグジュペリ)
です。

技術とか教えるのは、専門担当の方にまかせて
この仕事の素晴らしさ、働くという概念、信頼と期待、そういう尊敬されることを
毎回違う視点で伝えましょうw
とても短時間で効果的な新卒教育で、なにより教育者自身が一番得ることが多いです。


他にもいろいろあるでしょうが、どれか2つ抑えておくだけでも
充分No1になれる後押しになるかと思います。
(ジョースターさん、こんな奴に耳を貸しちゃだめだ。やらしい計算で動く心はかならず行動にでる。まず自分が相手を尊敬し、信頼して「あげちん」にならないことには尊敬されることはない。。。スピードワゴンはクールに去るぜ。。。。)
  1. コメントを書く(1)
  2. トラックバック(0)
  3. 2007/02/11
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

<<CSを考えるなら行列は1列にすべき | ブログトップに戻る| YMCKレッツゴーレツゴー!>>

コメント

<たっく> 

これはおいらが学生時代にも思ってた。クラスの人気者ってのは笑ってくれる人達がいて初めて成り立つもの。
たまにいるんだよね、自分がおもしろいだけだと勘違いしてる人。 そういう人は他人には「おもしろくないヤツだなー」とか言ったりする。こういう人は長続きしない。
  1. #2NZBXl8Y
  2. [編集] |
  3. 2007/02/11
なまえ:


コメント:

※スパム対策用に英数字のみのコメントをブロックしてます。

: 後で編集・削除用パスワード(設定しなくてもOK)



トラックバックURL: http://finalf12.blog82.fc2.com/tb.php/212-a21810d3


※スパム対策用に、言及リンクのないトラックバック、英数字のみのトラックバックを制限しています。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 更新停止。

 <てるやん>(ゲーマー)
 teruyastarはかく語りき
(てるやんの移転先)


 <たっく>(SE)

過去ログ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。