あるSEとゲーマーの四方山話 [RSS]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. このエントリはコメント不可
  2. | このエントリはトラックバック不可
  3. --/--/--
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

村上隆のできが悪いフィギュアが5800万円で落札されたのはなぜ?

芸術起業論 芸術起業論
村上 隆 (2006/06)
幻冬舎

この商品の詳細を見る

<てるや>
これを本屋でちょっと立ち読みして、5800万円で落札されたフィギュアの謎が書いてありました。
リンク先がその落札された等身大フィギュアですが、
見てのとおり何の価値があるのかまったくわからないw
流し読みだったので意訳ですが、だいたい実態はこんな感じだそうです。 

制作は海洋堂のエースがやったそうです。
しかしまあ、村上氏と海洋堂でそりが合わず、村上氏から見ても、海洋堂側から見ても
「これはひどい」っていう物ができあがってしまったとか。

そもそも、村上氏はオタクや萌えといったものがよく分かっておらず、
海洋堂の専務やエースからも「何でこんな奴に!」というような門前払いを喰らう扱いを受けてたとか。
そこは結局、岡田斗司夫氏による口ぞえがあったからこそ最後まで付き合ってもらえたものの
結局たいしたものを作ってもらえなかったわけで、、、、

で、そんなものになぜ高値がつくのか?
それまでもその等身大フィギュアをいっしょうけんめい販売しようとはしてましたが
まったく買い手はつきませんでした。(まあ当然ですが)
しかし、村上氏のスーパーフラット展がアメリカで成功したり
その他展覧会が成功を収めると、村上隆の名がブランドになるわけです。

すると、このフィギュアの何が素晴らしくて、どこがどう芸術とつながり、
日本の文化や、アートの集大成となっているか?
などを長々と説明するチャンスが生まれます。
で、、それに多少でも納得した海外のお金持ちが落札するわけです。。
まあいわゆるひとつの詐欺師ですねw

もすこしいうと、海外のアートを見る目は日本とは違うようです。
わけのわからないアートと言い張るものに対して
「何がどういう理由でこの形なのか?」
「どこに深い歴史が刻まれてるのか?」
「そこにこめられた深い意味は?」
みたいに、何か複雑な謎解きをしてるように見て、
「一流のアートを理解できる俺も一流だ!」
という深い満足感を得る、高いステータスを誇示する、
そのためのアートらしいです。
お金持ちの病気ですね。
まあ、それでお金が世に還元されるなら、それはそれで正常なシステムだともいえます。

で、村上氏によると日本のアートに関しては、まったく翻訳解説のレベルが低すぎると。
それはアート以前に、きちんと作品の紹介にさえなってなく解説がないも同然だから、
ブランドどころか誰にも相手にされない。
一流の人が見たら、解説なんかしなくても一流のアートをわかってもらえるかというと、
そんなわきゃありませんw

海外のアートやブランドは上記のように見られるため、
作品の質以上に、「サブタイトル」や「解説」などが非常に重要になってくる。
アートにはお金がかかるものだが、ブランドとして売れなければお金にはならずアートは続けられない。
村上氏はその重要性を悟り、サブタイトルや解説、ウンチクなどを当然のようにちりばめ、
海外のお金持ちになんだかわからないものを、非常に深い意味のあるブランドとして売り込んだわけです。

これっていわゆる「プロデューサー業」ですよね。
製作者が100の力で物を作っても、それは一人の友達に100でしか売れない。
しかし100の力で作ったものをプロデューサーがさらに100の力で販売したら
それは100x100=10000の価格で売れる。

スタジオジブリの「宮崎駿」と「鈴木敏夫」が名クリエーターと名プロデューサーなら、
村上氏も鈴木氏側ということでしょうか?

村上氏の場合、日本であの内容ではあまり相手にしてもらえませんが、
日本の深い文化を知らない海外だとこれが通用するわけです。
「隣の芝生は青く見える」という感じでしょうね。

ここでもやはりクリエイティブと、マーケティング、プロデュースは
うまく掛け合わせないとダメだというのがわかります。
中身がどれだけよくてもクリエイティブだけでは商売になりません。

クリエイトしたものを、見てもらう人にどう伝えていくか?
それに価値があること分かってもらう、、というのは結局エゴなんですが、
エゴを通り越して、「それに価値があると相手に信じ込ませる」
というのが全てのビジネスの基本なんでしょうね。

正義を信じて、綺麗事で済ませたいとするなら、これは受け入れられないかもしれません。
しかし、極端に言えば「意味のあるも」のなんていうのは全部エゴでしかありませんし、
自分の価値観まで否定するわけにもいきません。
じゃあまずは自分自身を騙す。というか自分を信じきる。
自分が自分の作り出すブランドの第一号の信者となって、
その新しい価値を、他人にうまく伝えていく。

お金がなくて赤字で苦しんでもいいから自分の価値観にそって製作をつらぬくクリエーターも、
ブランドを構築し、潤沢なお金の中で製作を続けるクリエーターも、
どっちもエゴの塊には代わりありません。
同じエゴなら稼がにゃソンソン、、かどうかは人それぞれでしょうが、、、

ゴッホみたいに生きてる間はまったく評価されず、生きるのに非常な苦しみをもってクリエイトしても
作品は自分が死んだ後から評価されることもありますしね。
(それは誰がプロデュースしたんでしょうか?)
、、、そんな感じの本でしたw
  1. コメントを書く(3)
  2. トラックバック(0)
  3. 2007/02/20
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

<<FF13、2007年度に発売できないって、、、、 | ブログトップに戻る| PS3が大爆発するのはいつ?>>

コメント

<たっく> 

はっきり言って芸術なんてしっかりした肩書きなどを付ければ素人が作った物でも高評価されるよね。
それだけあいまいな存在。
象が描いた(ただ殴り描いただけ)の画ですら高額で取引されてたしねw

幼稚園児の書いた画にかなりのバックグラウンドを付けてルーブル美術館レベルのトコに設置したらどれだけの人が流されるか実験してほしい^^
  1. #/mQkURt2
  2. [編集] |
  3. 2007/02/21

<ジャンジャンクロードヴァンダム> 

村上さんは矛盾してる。仕事の正当化なんか、自分ですることではなく他人がすること。本まで出して、芸術はビジネスだなんて言う必要ないでしょ。だって、こんな本出さなきゃ、みんなヴィトンと仕事してるアーティストとして見るんだから。絶対イメージダウンだよ。多分、よっぽど自分のやってることに誇りを持てないんだろうな。成功しても、こんなこと言ってたら、昔の友達に「あいつ、成功してるくせに必死で弁解してるぞww」て尊敬されないだろうし。
あっ、そっか。芸術畑で評判悪いから、ビジネス畑でチヤホヤされよーって方向転換か。ビジネス畑から、芸術畑を指して「あいつらは成功してない。わかってない奴ら」ってバカにする。それで、ビジネスマンのことは「横流しだけで、何も作り出さない」って、内心で見下してるわけだ。ビジネス畑の中では、絵描ける自分は神だからな。
何にせよ、自分を本で正当化し出したら、リリー・フランキーとか吉本芸人と同じレベルだよ。親とか苦労話を持ち出してきて、自分の仕事を正当化する、あの手口と同じ。すごい奴は、他人が本書いてくれるからさ。自分で正当化しようとしなければ、僕も含めたほとんどの人が、彼らの矛盾に気付かないのにな。
  1. #-
  2. [編集] |
  3. 2007/08/08

<てるやん> 

>芸術畑で評判悪いから、ビジネス畑でチヤホヤされよーって方向転換か

ほんとそうかもしれません。
日本受けは悪いですから。
逆に村上氏以上に才能ある人で認められてないという人は
いろいろ見習うべきところがあるのかも。
特に海外展開については。
  1. #XCrtMn7Q
  2. [編集] |
  3. 2007/08/09
なまえ:


コメント:

※スパム対策用に英数字のみのコメントをブロックしてます。

: 後で編集・削除用パスワード(設定しなくてもOK)



トラックバックURL: http://finalf12.blog82.fc2.com/tb.php/256-9486eb76


※スパム対策用に、言及リンクのないトラックバック、英数字のみのトラックバックを制限しています。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 更新停止。

 <てるやん>(ゲーマー)
 teruyastarはかく語りき
(てるやんの移転先)


 <たっく>(SE)

過去ログ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。