あるSEとゲーマーの四方山話 [RSS]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. このエントリはコメント不可
  2. | このエントリはトラックバック不可
  3. --/--/--
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

「げんしけん」を読んだw

げんしけん (1)げんしけん―THE SOCIETY FOR THE STUDY OF MODERN VISUAL CULTURE (2)げんしけん―THE SOCIETY FOR THE STUDY OF MODERN VISUAL CULTURE (3)げんしけん―THE SOCIETY FOR THE STUDY OF MODERN VISUAL CULTURE (4)げんしけん―THE SOCIETY FOR THE STUDY OF MODERN VISUAL CULTURE (5)げんしけん 6 (6)げんしけん 7 (7)げんしけん 8 (8)げんしけん (9) 限定版

<てるや>
読みきったw
面白かったw

「現代視覚文化研究なんたら」とかいう大学サークルの話で
漫画研究会とか、アニメ研究会とかそこからもあぶれるような
ほとんど溜まり場としての中途半端なサークル。
まあ基本はオタク向けに共感を狙った漫画ですかな?

前半は、その中のサワヤカ超オタク美少年に惚れて「げんしけん」に付き合わざるをえない
「一般人の性格のきつい彼女」からのオタクに対するツッコミが見所w

後半は「やおい」といういわゆる女性向け同人雑誌から抜けれず、
そんな自分自身とオタク女子(腐女子といわれる)を徹底的に嫌い、トラウマをもち、
他人と壁を作る女の子がどう自分を肯定していくかの成長物語?がみどころw

で、特装版には上にある作家人寄稿による同人誌もついてるんだよねw
その中の篠房六郎氏の「リアルげんしけん」のヒトコマが面白かった。

同人誌寄稿のため、大学の出身サークルをひさしぶりに訪ねたところ、
昔とどうにも雰囲気が全然違うようで、、

篠房「あたしの頃は自分がオタクだって公言するのは文化的自殺というか、、、」
後輩「別にオタクだからっていじめられたりやな事あったりしませんよ?」
篠房「今何見てるの?」
後輩「トップを狙え2見てます」
篠房「あ、じゃあトップの話しようか、1のラストってさ、、」
後輩「ごめんなさい、1はまだ見てないんですよ
篠房「何でみとらんのじゃい!!!
後輩「僕は今川監督とか好きで、、」
篠房「じゃあ『ジャイアントロボ』も?」
後輩「いや、それもまだ見てなくて」
篠房「だから何でそれをみとらんのじゃい!!!
後輩「まだYouTubeに落っこちてないんですよ、何をそんな興奮して、、、」
篠房「自分の好きなものなんでしょ?!」
篠房「いろいろ調べて誰よりも詳しくなろうとするじゃない!」
篠房「あたしも好きなものを見るためにはレンタル、古本、単館上映とかかけずりまわって、、、、」
(みんなドン引き、、、、)
後輩「あの、、僕達はみんな忙しくてそんなにいろいろ見てる暇がないんですけど、」
後輩「篠房さんはなぜそんなに、『必死な感じ』だったんですか?」


よっぽどヘコんだらしいですw
うーん、、、www

ハングリー精神のハの字もないな(^_^;)
時代とは恐ろしい。。

まあでも確かにね。
映画からアニメから小説から漫画とか、過去を振り返ると
「死ぬまでにこの名作は見ておけ!!」
っていうタイトルは200年間見ても見きれないぐらい在りそうだし。
こうしてる間にもさまざまな作品が生み出されてるわけで、
ネットが普及してからのリアルタイムな情報生産能力はすでにそれを消費する側の時間を超越してる。

インプットとアウトプットのバランスの問題か?

オタクがこうも世間的に認知されたという点も面白い。
昔は「子供向け」「下品」「しょせんアニメ」「しょせん漫画」
という観点で一般人から差別の対象だったもんですが。
時代変わって
「外貨稼ぐのは家電かオタク文化」
「宮崎駿が日本映画でダントツの興行収入」
「ドラゴンボール、セーラームーン、ポケモンが世界で稼ぎまくり」
「日本のオリジナルコンテンツはオタク文化から!」
とまあ、世界でお金を稼ぐようになったら見かたも変わるもので、
バブル以降、オタク文化以下でしか稼げてないところだと、批判できないでしょうね。
批判すると負け犬の遠吠えにしか見えませんから。

ゲームとか漫画で育った世代が、現役最前線で働いてるってのも
価値観の世代交代なのかな。
  1. コメントを書く(2)
  2. トラックバック(0)
  3. 2007/02/26
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

<<続きを読む、の折りたたみ設定。 | ブログトップに戻る| フランスの凝ったトランプ>>

コメント

<たっく> 

別にオタクってゲームやアニメだけじゃない。 服や装飾品にお金をかけてる人はファッションオタクだし、車の場合はカーオタク、食ならグルメオタク・・・etc。
何か興味のある趣味があればそれはオタクになりえるんだよ。
そう考えると人間、オタクじゃないほうが危ないと思う。 つまり無趣味ってことでしょ。
  1. #2NZBXl8Y
  2. [編集] |
  3. 2007/02/26

<てるや> 

あ、俺へんな紹介したかな^^;

これオタク批判でもオタク肯定の漫画でもないよw
一般の人から見たらそれこそ引くようなオタクの生態を
オタク自身が読んで共感して笑う漫画。

一般から見たら濃い内容かもしれないが、
オタクから見たらこれでも薄いんだろうな、、やっぱり、、、
  1. #XCrtMn7Q
  2. [編集] |
  3. 2007/02/26
なまえ:


コメント:

※スパム対策用に英数字のみのコメントをブロックしてます。

: 後で編集・削除用パスワード(設定しなくてもOK)



トラックバックURL: http://finalf12.blog82.fc2.com/tb.php/289-f8f18d9e


※スパム対策用に、言及リンクのないトラックバック、英数字のみのトラックバックを制限しています。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 更新停止。

 <てるやん>(ゲーマー)
 teruyastarはかく語りき
(てるやんの移転先)


 <たっく>(SE)

過去ログ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。