あるSEとゲーマーの四方山話 [RSS]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. このエントリはコメント不可
  2. | このエントリはトラックバック不可
  3. --/--/--
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

「俺の書いたプログラムにバグはない」なんて言うヤツほど使えない

その「頭がいい人は成功して当然」という発想が甘すぎる - (Life is beautiful)

<たっく>
上記記事の方では元記事の作者の反論意見を発端に何やら外野で騒いでるみたいだけど^^;
でもおいらが取り上げたいのはそこじゃなくて記事の後半部分。
※半分関係ないのでトラバはしてないよ。

プロ^2グラマーとして一番大切な素養は、「常に学び続ける力」。現状に甘んじたり絶望したりせずに、つねに新しいことを学ぼう、より良いプログラムを書こう、他人の話を良く聞こう、まわりの人たちから何か吸収しよう、とするハングリーな姿勢だ。「俺は頭がいいから成功して当然」「俺の書いたプログラムにバグはない」「客が欲しいものはすでに分かっている」と思ったら進歩が止まる。まわりの人も、「あいつは何を言っても譲らないから」と何も教えてくれなくなる。

IT業界も幅が広い。
20年前ならいざ知らず、今はすべてに精通している人間なんてもう誰一人いない状態だろう。
GoogleやMicrosoft、Appleなどの世界的企業にいる超エリートでもこうなんだから変なプライドを持ってもしょうがない。

「俺の書いたプログラムにバグはない」なんて言う人はバグが見つかると他人のせいにしたり言い訳ばかりする。
そしてホントにバグが無いプログラムであることもまず無い。
ハッキリ言ってチーム内にいると迷惑この上ない。

ちなみに、「謙虚にしろ」「自分の頭の良さを隠せ」と言うつもりは全くないので、誤解しないでいただきたい。頭が良いならば、その頭を使って、「バグのないプログラムを書ける人間などいない」、「市場が本当に必用としているものを見出すのは実はとても難しい」、「成功のためには頭の良さだけでなく、努力と社交力と運が必用」ぐらいは理解した上で、少しでも成功に近づくためには自分は次に何をすれば良いかを考えろ、ということである。

バグのないプログラムを書ける人間などいない」と言うと言い訳に聞こえるかもしれないけど事実なのである。
昔から「バグの無いプログラムとは何もしないプログラムである」という格言があるぐらいなのだ。
まずはこれを理解することから成長が始まる。
これを踏まえた上でどうしたらバグが出にくいプログラムが書けるのかを試行錯誤していく。
バグの無いプログラムは書けないけど、バグの出にくいプログラムは書くことができるのである。
  1. コメントを書く(1)
  2. トラックバック(0)
  3. 2007/02/26
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

<<1時間の単純作業と2時間のマクロ作成ならマクロを取ろう | ブログトップに戻る| もうCGと実写の区別が付かない><>>

コメント

<てるや> 

「バグの無いプログラムとは何もしないプログラムである」
なんか人生論みたい。ちょっと感心(°~°)
  1. #XCrtMn7Q
  2. [編集] |
  3. 2007/02/26
なまえ:


コメント:

※スパム対策用に英数字のみのコメントをブロックしてます。

: 後で編集・削除用パスワード(設定しなくてもOK)



トラックバックURL: http://finalf12.blog82.fc2.com/tb.php/294-235d9b58


※スパム対策用に、言及リンクのないトラックバック、英数字のみのトラックバックを制限しています。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 更新停止。

 <てるやん>(ゲーマー)
 teruyastarはかく語りき
(てるやんの移転先)


 <たっく>(SE)

過去ログ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。