あるSEとゲーマーの四方山話 [RSS]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. このエントリはコメント不可
  2. | このエントリはトラックバック不可
  3. --/--/--
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

製造業や、サービス業が製造やサービスからお金を産み出してるとしたら、金融業(銀行、証券)はどこからお金を産み出してるのか?

<てるや>
という毎度の妄想仮説を考えてみた。

結論から言うと
金融業がないと、メーカーもサービス業も商売を展開するスピードが遅くなる。
必然、技術もサービスもなかなか進化しないしお金も回らない。
金融業があるからこそ、商品やサービス、技術、経済のスピード発展があった。

当たり前の話だが、ここの勘違いが負け組みと勝ち組の発想の差となってあなたの現実を襲うw

勝ち組の発想が気になる人は以下をどうぞ(o ̄∇ ̄)o


「製造業や、サービス業が製造やサービスからお金を産み出してるとしたら、
金融業(銀行、証券)はどこからお金を産み出してるのか?」

その製造業やサービス業から絞り上げてるに決まってるじゃないか!

というのはわかる。
右から左にお金を動かして金利や株価上昇で儲かるおいしい商売だ。
もちろんでかい資金と、それにともなうリスクはある。


真面目に働く製造業(歪曲表現だけど気にしないw)とかから考えると、
まったくもってしゃくな話なので
金融業がない世界を考えてみよう。
銀行も、株式もない世界だ。
(ATMぐらいはあってもいいか?)

この世界なら、金利を取る奴がいない。
真面目に働く奴が一番偉い。
その代わり当然お金を貸す奴がいない。

まあそれでも、無借金経営、株式非公開企業と思えばいいわけで
商売を始めるのにも、まず周りから。
何か商品を売るなら友達、家族に売る。
売れたお金でもう少し余分に作る。
それを今度は親戚にも売る。(売れたらね)
商品が良ければそれでどんどん拡大する。
人が足りなければ雇う。
売れて拡大するほど、少しづつ少しづつ規模を増やして
しまいには大会社へ成長というのが理想。

それだけ商品開発力が強ければいいが、まあよほど運がないとこのやり方はだめだ。

まず大きなお金をすでにもってる企業が、後追いで商品開発して市場独占されると終わり。
先に商品を開発しサービスをはじめたのに、お金がないばかりに広がりが遅く
先行者利益すら後追いの大企業に全部もっていかれる。
お金の借りれない世界では、商品開発力のスピードで勝てない。

それといきなりお金のかかる商品には取り組めない。
試作品でもなんでも、最初のやりたいことにとりかかるために
別の小さな商売で地味にお金をためないといけない。

ハリウッド映画を2時間撮ろうとしたら、親子6代に渡ってうまいこと資金を0から増やし
ひひ孫に当初のストーリを伝えないといけないかもしれない。
それはもう製作自体が壮大な感動物語であり、あなたは天国からその上映を眺めることになるだろう。
もちろん、ひひ孫が「やりたくない」とか言ったり
「ストーリーが陳腐化」して興行成績がさんざんだったら台無しである。

お金が借りれない世界は、極端にサービスや商品開発のスピードが落ちる。
もし、株式会社や銀行といった仕組みがなければ
今の2007年でも1920年ぐらいの商品とサービスしかなかったかもしれない。
人類全体の富も1920年どまりだ。

そう、本来1920年程度にしか進まなかったであろうスピード、生産性、
様々なサービス、商品、、、これらを2007年レベルまで引き寄せた力。
これが金貸し。金融業のパワーだ。
(極端に言えば、金融業は太古からあったろうから、
まったく金貸しのシステムが禁止されるような宗教、法律が
世界でまかり通ってた場合、電気やインターネットどころか、
今だ何百年前の技術レベルで止まってた可能性もある?)

金融は、未来に投資をする。
その会社、そのサービスに未来の価値をつける。
それが当たっていれば未来のお金が下りてくる。
そうやって未来を引き寄せる。

未来からお金を下ろしたら、しばらく先の未来にお金は残ってないのかというとそうじゃない。
2010年にある価値のお金を引き落としたら、
そこはもう2010年レベルであって1秒先は2011年レベルが待っている。
そうするとここからの投資は2015年や2020年への投資。
さらに2年で結果がでて2020年の投資が成功したら次の投資はもう2021年レベル。
これは無限の富を引き寄せられるということを意味する。

過去1950年~2000年までのたった50年の生産性が
過去西暦0年~1950年の生産性の何百倍(何千倍?)にも値するのは
未来を引き寄せる力が複合的に加速してるからだ。

金融業は右から左へお金を動かして、メーカーやサービス業から搾取してるわけではない。
一緒に協力して未来からお金を下ろしてるに過ぎず、その恩恵は結局みんなが得られる。

メーカーがエンジンなら、金融業はガソリンか。
どちらかが欠けてたら僕らは歩くしかない。



ここで大事な点は一つ。
「富は無限」ということ。

人はさまざまな不安にとらわれ、不安を取り払おうとしたくもない事をして、
一所懸命お金を溜めても、それが余計に不安を増大させる。
「このお金がなくなったらどうしよう、、、」
「家族や子供の将来も心配だ、、、、」
「あれもして、これもしないと、、、ああ、またTVであんなことをいってる!」


全部嘘っぱちだ。


富に限界があり、それを奪わなければ奪われて自分の取り分がなくなる
というのが不安の根拠であって、その発想でスタートすると
奪い合う世界で自らを消耗することしかできない。
奪うのに成功しても、次は奪われるんじゃないかと不安が消えることはない。


富に限界はなく、他人と共有し、共に発展していくという道はいくらでもある。
衣食住を満たして、自分のペースで豊かに望みどおりに生きるのはそんな難しいことじゃない。
もちろん、世間体を気にして、付き合いに大きな時間を割き、
高い車と家とおしゃれを買うのとはちょっと違う。

不安にとらわれ、それを払拭しようという行動からはじめるから、
ワーキングプアみたいな選択肢を自ら選んでしまうわけであって
「富も幸せも無限にあったとしたら自分は何をするだろうか?」
という「全部満ち足りた」ところから考える方が人間として自然だ。

「富がいっぱいあったら遊びまくるにきまってるじゃないか!」
というが、それはありえない。
そのタイプの「遊び」は現実から逃げるための逃避のための遊びだ。
6日間一所懸命働いたあとの休日に友人と飲む酒はうまいだろう。
でも、「毎日が休日で毎日酒を飲んでもなんの達成感や充実も得られない」
これでは自己嫌悪に陥るしかない。

ビルゲイツや世の中のたくさんの成功者は早い段階で
一生遊んで暮らせるだけのお金を手に入れてる。
しかしその時点でリタイヤすることはない。
そのたぐいの「遊び」が退屈なのを知ってるからだ。

「全部満ち足りた」ところから考えたら
「何をやったらワクワクできるか?」
という、刺激や興奮を自然と求める。
結局、それは勉強やビジネス、他人を楽しませること、につながっていき
成功者はますます成功するし、負け組みは不安をぬぐうために、自ら負け組みの選択、
市場、権力、税金、人間関係、時間、お金、などの奪い合いををはじめる。


気づくのは「富も幸せも無限に引き寄せることが出来るから
自分の未来は何も心配することがない、
さあ、どんなワクワクをはじめようか?」
だ。


そういや昔のTVでこんなのがあった。
プロ野球の1軍に上がれず、選手として先が見えず、
かといって次の職も見つからないスポーツ選手の家族の話だ。
そこの奥さんがいった言葉は
「私達は関係ありませんから」
ニュアンスからすると、奥さんと子供は夫の失業とは関係ない。
奥さんが稼いだお金は子供と一所に暮らしていくだけでやっとで、夫は夫で勝手にやってくれってなもんか。
夫も奥さんも不安に駆られて大変なんだろう。

そして、同じTVではないが、中日の落合監督。その落合婦人がたぶん主人のスランプ時に言った言葉。
「私は5万あれば充分なんですからね!!」
ニュアンスからして、夫婦2人でも10万円程度の収入、もしくは現在の貯金があれば
いつ選手をやめてもいいんだから思うままにやれと。


どっちが人生のバットを思い切り振れるかは言うまでもない。


関連記事:
分裂勘違い君劇場 - ホリエモン以上に詐欺的なベンチャーの内情
特許とかとってもムリムリな理由はこちら。

「働く」のと「お金儲け」は別の話。 - あるSEとゲーマーの四方山話
製造も、サービスも、資本と掛け合わせて力を発揮するという話。

現段階で働かないで食っていける方法をかんがえよう。 - あるSEとゲーマーの四方山話
むしろ未来は安泰だろうという話。


どんな企業でもWeb2.0化して利益を倍増させるコロンブスの卵が発見された!! - あるSEとゲーマーの四方山話

共有して一緒に富を増やす話。

著作権フリーの時代は到来しないから、みんな安心して欲しいというたくさんの理由。 - あるSEとゲーマーの四方山話

共有して一緒に富を増やす話。
  1. コメントを書く(0)
  2. トラックバック(0)
  3. 2007/03/01
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

<<130万のガンプラ | ブログトップに戻る| GFF2007をちょっと覗いてきた>>

コメント

なまえ:


コメント:

※スパム対策用に英数字のみのコメントをブロックしてます。

: 後で編集・削除用パスワード(設定しなくてもOK)



トラックバックURL: http://finalf12.blog82.fc2.com/tb.php/304-23933304


※スパム対策用に、言及リンクのないトラックバック、英数字のみのトラックバックを制限しています。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 更新停止。

 <てるやん>(ゲーマー)
 teruyastarはかく語りき
(てるやんの移転先)


 <たっく>(SE)

過去ログ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。