あるSEとゲーマーの四方山話 [RSS]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. このエントリはコメント不可
  2. | このエントリはトラックバック不可
  3. --/--/--
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

「死んだ人は生き返る!!」と答えた子供が12%もいるという事実(; ̄Д ̄)

「死んだ人生き返る」12% 命に関する小中生調査 玉野市教委 - 山陽新聞ニュース

 岡山県玉野市教委が市内の小中学生約1700人を対象に実施した
「命に関するアンケート」で、
「死んだ人が生き返ると思う」と回答した子どもが全体の約12%を占めたことが分かった。
このうち6・5%は「ゲームでもリセットできるから」と理由を答えており、
市教委は「結果を真摯(しんし)に受け止め、
命を大切にする心と態度の育成に努めたい」としている。
▽またゲームが悪者ですかw

<てるや>


えっとww
 まず1発目の突っ込みとして、
「全体の約12%を占めたことが分かった。このうち6.5%はゲーム~」
じゃなくて

「全体の約12%を占めたことが分かった。」
「そして『死んだ人が生き返ると思う理由』のうち6.5%は『ゲームでもリセットできるから』と理由を答えてる。」
ねw


なんで新聞がこういう保険契約の注釈詐欺みたいな書き方をしてるんだw
大多数は斜め読みしかしないの知ってるでしょうにw
そしてなぜ、理由100%中の6.5%、
一番集計の低いゲームという答えをフィーチャーしてるのでしょうか?w
(答え:そういうのを喜ぶ読者層新聞だから)
(そもそもそんな毎日面白いニュースなんてあるわきゃないから)
(昔ストIIで、めくりアッパー昇竜とかやられてゲーム嫌いになったから)


▽子供をそんな子供扱いできるほど、僕たち大人は賢くない。

突っ込み2発目。
こんなあほみたいな質問に対して小学生全員が真面目に答えるとでも?w
中学生だったら、さらにひねった答え
「冷凍保存の可能性」「仮死状態の可能性」「臓器移植がどうのこうの」
「未来科学が、、」「モーニング娘も生き返って!!」とか言うに決まってるじゃないか。
その他40%の答えを公開しなさいw


これを真面目に記事にしたり、それを真面目に信じたりする大人の方が怖いよw
そういう風に子供を扱うでしょ?
扱われたとおりに振舞うよ


とはいえ、記事ノルマに苦労する新聞記者も、反抗期に苦労する親御さんもご苦労さまです(゜゜ゝゝ敬礼
  1. コメントを書く(2)
  2. トラックバック(0)
  3. 2007/03/13
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

<<ブログ病は世界中に広がっている! | ブログトップに戻る| Wiiにサプライズゲストが!>>

コメント

<たっく> 

「サンタさんはいますか?」って質問でも小学生ならそれぐらい「いる」って答えるだろうね。
「サンタさんの話を聞いたことあるから」「TVや映画で見たから」「ゲームにも出てくるから」・・・ほら一緒でしょ。
このぐらいの年齢の子ならそんなもんじゃないの。
  1. #2NZBXl8Y
  2. [編集] |
  3. 2007/03/14

<てるや> 

「子供は大人並にめっちゃ物考えてるよ」っていうといつも
「子供なんてたいしたこと考えてないよ」って突っ込まれるw

「サンタ」はわかるんだけどね。
なぜかプレゼント枕元に置かれてるのだから、
どこかでその謎に気づくか解答をもらわないと信じたままだろう。

でも幼稚園でさえ、「ゴレンジャー」や「ウルトラマン」が着ぐるみってのは
しってるからなあ。
生き死にがわからないってこともないし。

自分の周りに「メニューコマンド」とかあって、
「魔法」が使えて、「レーザー」が打てて、「変身」まで自由にできたら
現実とTVを混同しそうだけどねw
  1. #XCrtMn7Q
  2. [編集] |
  3. 2007/03/14
なまえ:


コメント:

※スパム対策用に英数字のみのコメントをブロックしてます。

: 後で編集・削除用パスワード(設定しなくてもOK)



トラックバックURL: http://finalf12.blog82.fc2.com/tb.php/357-467577a5


※スパム対策用に、言及リンクのないトラックバック、英数字のみのトラックバックを制限しています。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 更新停止。

 <てるやん>(ゲーマー)
 teruyastarはかく語りき
(てるやんの移転先)


 <たっく>(SE)

過去ログ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。