あるSEとゲーマーの四方山話 [RSS]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. このエントリはコメント不可
  2. | このエントリはトラックバック不可
  3. --/--/--
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

おもしろ動画紹介ブログの危険性。

<てるや>

うちでも俺がいくつかそういう面白動画を紹介した記事 があるのですが
なんというか、しばらくしたら動画が消えてることあるんですw

YouTubeとか、どんな基準で動画を消してるんでしょうか?
著作権者から削除依頼がある奴が優先なんでしょうが
時間が経ってアクセス少ない奴から消えていくんでしょうか?
それとも一定の期間が過ぎた奴から消えるのか。。
著作権に抵触してると分かった奴が消えるのか。。
エログロに抵触しそうな奴が消えるのか。。


▽動画が消えると記事が死ぬ


なんにしても、動画がずっと残ってる可能性は低いわけです。
でも、ブログの記事は半永久的にネットに残る
ブログサービスが終了するか
サーバーがクラッシュしたとき、
それでもバックアップ保存から自分で修復すると
ネットにあり続けるわけです。

で、まあ
おもしろ動画紹介サイトでも、
それを専門でやってものすごくアクセス稼いでるところはいいんですよ。

しかしうちみたいに1日のアクセスが500もいかないぐらいところだと
いくつかのその日のエントリーから
おもしろ動画記事へたどり着く人が50人として
そのうち20人が再生して
再生したなかの5人が満足して帰る。。。

記事が消えるまで、もうすこしアクセス稼いで
あと5人ぐらい楽しんでもらえるかもしれません。

その紹介は果たして記事を紹介した労力に見合うでしょうか?
もし、せっかく書いた記事の内容が消えるとしたら記事を書こうとするでしょうか?

ブログって、いろんなコメントやトラックバックをもらい、
楽しんでもらったり、役立ってもらったり、自分の日記としてのコミュニケーションの場。
グチでも、たわいない記録でもいいんです。
全部ひっくるめて、自分のためにも、読んでもらう人のためにもなるかしれません。

しかし、それは「記事が残る」というのを前提にしてます。
おもしろ動画を主体とすると、その動画が消えたとき記事は死にます
ブログでアフェリエイトをするとしても、
死んでしまった記事が大半を占める場合、
そのブログを閉じる大きな要因とならないでしょうか?


▽動画を主体とせず、文章が主体の記事

で、それを回避する方法として
「動画を主役にもってこないで、関連資料、補足映像として使う」
「動画を要約した内容を書いて、
動画無しでも、記事が成り立つようにする。」
としたらどうでしょう?

まあそれも時と場合によるのかもしれませんが。
YouTubeで映像が半永久的に残るのでないのならば、
動画に頼るブログ記事は早死にしかねないので
危険じゃないかと思いましたとさ(o ̄∇ ̄)o
  1. コメントを書く(1)
  2. トラックバック(1)
  3. 2007/03/22
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

<<死のエラーがついにやってきた… | ブログトップに戻る| キーボードとマウスを少しだけ高速化>>

コメント

<たっく> 

そんなサイトはそんなモンと割り切ってるんじゃないのかな^^
テキスト主体でも時事ネタを扱ってたら同じことだしね。
  1. #2NZBXl8Y
  2. [編集] |
  3. 2007/03/24
なまえ:


コメント:

※スパム対策用に英数字のみのコメントをブロックしてます。

: 後で編集・削除用パスワード(設定しなくてもOK)



トラックバックURL: http://finalf12.blog82.fc2.com/tb.php/381-790eafa1


※スパム対策用に、言及リンクのないトラックバック、英数字のみのトラックバックを制限しています。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

毎日のコミュニケーション

毎日、毎日真面目に働いているのに売上げは上がらないし、上司には評価されず、同僚とは競争でギスギス・・・。 うまくやろうと努力しているのに、人間関係がうまくいかないコミュニケーションとは人と仲良くなることではありません、自分の味方を作ることなんです。チョッ
  1. 2007/03/22|
  2. 人生を逆転させる最強の会話術

プロフィール

 更新停止。

 <てるやん>(ゲーマー)
 teruyastarはかく語りき
(てるやんの移転先)


 <たっく>(SE)

過去ログ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。