あるSEとゲーマーの四方山話 [RSS]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. このエントリはコメント不可
  2. | このエントリはトラックバック不可
  3. --/--/--
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

早く聴ける曲のほうが売れる?


ITmedia News:「ダラダラ長いからCD売れない」――丸山茂雄“47秒・着うた専用曲”の必要性を語る (1/2)

 CD市場が低迷を続けているのは、曲が長すぎることが原因の1つだと、
丸山氏は分析する。
「ミュージシャンはCDで長い曲を聴いてほしいと思っているけど、
お客さんはシングルを買わず、着うたのサビだけで十分と思ってる」


 一方で、1曲1分以内で楽曲のサビだけを配信する着うた市場は伸びている。
つまりユーザーは、1曲が長すぎるCDを拒否し、短い着うたを求めている
――丸山氏はこう考え、47秒で完結する音楽を専門に販売する携帯サイト
「47」(ヨンナナ)をこのほどオープンした。




 「ユーザーは簡単に聞けるほうがいいし、技術もそっちにどんどん行っている。
ウォークマン、iPod、携帯と、基本的に音はどんどん悪くなっていっている。
でもユーザーがそれがいいというんだから、仕方ない」


 「次の音楽メディアが何になるかという答えは、
レコード業界が決めたんじゃなくてユーザーが決めた
だったらそのメディアに音楽を載せるしかないじゃない。
音楽業界が生き残るにはそれしかない」



<てるや>

ハリウッド大作とか、ゲーム業界とかみんな傾向が似てるのかな?
確かにTVCFもサビだけあればいいし、
音楽番組も47秒のほうが、流しやすいよね。
最近の音楽番組は視聴率の関係で
ワンコーラスしか歌わなかったりもするし。
やはりみんな、おいしいところだけ手っ取り早く楽しみたいと?
(YouTubeもそうか?)

丸山氏の説が正しいなら、昨今の音楽番組の凋落も曲が長いから。
ダラダラ長いとチャンネルを変えられてしまう。
1時間のベストテン番組に10曲50分もかけてはなりたたない。
(CMやMC入れたら番組は50分ない)
昔は10曲でも30分ゆえ成り立った。
それだけ情報が詰まってたと。。
(だからCDTVは生き残ってるのか?)

昔はチャゲ&飛鳥の「WALK」が5分を超えた大作!
なんて言われてたのに、、(話が古いw)

カラオケとかでも前奏や間奏が長いより、
3分以内できっちり終わる曲のほうがテンポは良くなるね。


ただ、長い溜めがあるからサビが活きるってのもあるんだよね。
ぐっとぐっと溜めて、大連鎖!みたいな。

だからといって、ダラダラつなげるのがいいかというんでもなくて、
その積み上げが、全てサビの伏線になってないといけない。
後半もダラダラ延ばしてもいけない。


3分以内に曲をまとめて、情報を圧縮。
5・7・5の短歌ほどまではいかなくても、
5分の曲情報を、3分に圧縮したほうが
聴いてるほうも濃密な時間をすごせるのかもしれない。
それってすごい編集技術と時間がいるんだろうけどね。

これも時代の流れか。
長い記事をダラダラ書く俺がいうこっちゃないなw


レコード会社はこれからどう変わっていくか? - あるSEとゲーマーの四方山話
  1. コメントを書く(1)
  2. トラックバック(0)
  3. 2007/04/07
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

<<FireFoxのメモリ開放術 | ブログトップに戻る| 選挙サンデー、1票を1票分以上の価値に思うために>>

コメント

<たっく> 

おいらはこの「47」についてWBSで見た。
CDが売れないのは曲が長いからだけじゃないように思えるのだが^^;
むしろ別要因の方が大きいとは思うけど、こういう試みは面白いので良し!
でも47秒じゃあすぐ聞き飽きそうな気もするなー。
  1. #2NZBXl8Y
  2. [編集] |
  3. 2007/04/07
なまえ:


コメント:

※スパム対策用に英数字のみのコメントをブロックしてます。

: 後で編集・削除用パスワード(設定しなくてもOK)



トラックバックURL: http://finalf12.blog82.fc2.com/tb.php/425-47472fc8


※スパム対策用に、言及リンクのないトラックバック、英数字のみのトラックバックを制限しています。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 更新停止。

 <てるやん>(ゲーマー)
 teruyastarはかく語りき
(てるやんの移転先)


 <たっく>(SE)

過去ログ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。