あるSEとゲーマーの四方山話 [RSS]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. このエントリはコメント不可
  2. | このエントリはトラックバック不可
  3. --/--/--
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

Google SEO対策で気になったところ


Googleブログ検索の特許で明らかになったブログの評価を決定する12の要因 - F.Ko-Jiの「一秒後は未来」


眠れないのでGoogleの特許を読んでみる - F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

ポジティブな要因とネガティブな要因でスコアを調整する
 ブログロール(サイドバー)に含まれる(外部)リンクは、
ブロガーが関心を持ったサイトであるため信頼性が高いと言えます。
よってブログロールからのリンクはポジティブな要因となります。

また、有名なブロガーや信頼できるブロガーのブログロールは信頼性が高く、そのブログロールからリンクされているブログの評価も高くなります。
これは彼らがスパム・ブロガーでないという仮定に基づいています。
<てるや>
なるほど、これがあるから「相互リンクお願いします」っていうのがあったり
それを押し付けがましいとか思ったりというのがあるわけだ。

外部リンクでも自動リンクはネガティブ要因みたい。


いくつかのサイトでは、カテゴライズのためにユーザにタグ付けを許可しているサイトがあります。
代表的なものはソーシャル・ブックマーク・サイトでしょう。
これは個人がブログのコンテンツを評価したことになるため、ポジティブな要因となります。


はてブつけられたらポジティブ。
否定的なはてブコメントとかもあるけどねw


この“ドキュメント”にはメールやチャットが含まれるそうです。
これはGmailやGoogle Talkのことを指していると考えられるでしょう。
コミュニケーションの中で話題にのぼるブログは評価が高いという考え方のようです


ドキュメントリンク、
Gmailチャットで話題にしたページまで評価されるとは思わなかったw
だからといって必至にとりあげるほど、このスコアは高くないだろうけどねw

スパマーは短時間に大量の記事を投稿します。
また、決まった時間間隔で最新記事を作成します。
このように短時間に大量に投稿し、その投稿パターンが一定であるとスパムとみなされます。
更新頻度の高すぎるしょこたんのブログ はどうなるのだw
(一定パターンじゃないから大丈夫?っつっても自動生成もランダム投稿できそうだが、、)
あと、俺たちみたいに共同ブログとかは?
ブログは1人1つのほうがいいのか?

上記のように生成されたコンテンツのサイズは同じになるため、
サイズが同じコンテンツが複数存在する場合にはスパムとみなされます。
また、自動生成される投稿は巨大なコンテンツになることもあります。
そのためサイズの大きなコンテンツはスパムとみなされます。
長文エントリーもネガティブ?
巨大サイズって、画像多く使ったらダメとか?
そこらへんはさすがに大丈夫な気もするけどね。

多すぎる広告はネガティブな要因となります。
広告の割合には気を配らなくてはなりません。
たくさんクリックされるために、たくさんの広告つけても
それで検索結果が下がれば本末転倒か。

たくさん広告つけるほど、埋もれて無視されるってこともあるしね。

ブログの構成要素には一般的に
「最近の投稿記事」、
「ブログロール」、
「ブログのメタデータ(著者のプロフィールなど)」の3つがあり、
広告はメタデータ の中やブログロールの傍にあるものです。

もし、最近の投稿記事の中に含まれる広告の割合が高い場合は、
それはネガティブな要因となり、評価が下がります。
記事の最下段に1つぐらいなら大丈夫?
サーチエンジンに登録されてからの日数(age)がポイントであるということです。
確かに情報源のページがあって、それから徐々に他のページが派生していくと考えられます。
つまり、ある情報について老舗であればあるほどスコアが高くなるという仕組みのようです。

また、ある一定期間にある検索結果の中からどのくらいクリックされたかというデータを、
履歴データという物に持っていて、スコアに影響を与えるようです。

リンクの新鮮さ(確かに時間が経つとGoogleの順位が下がることある。うん。)
コア情報として時間が経てば評価が上がり、
新鮮さがなくなれば評価が下がる。

ルール複雑すぎだなw
結局のところGoogleで高い順位を目指すには、
より良い中身のコンテンツを作ることが一番の近道である、
ということに私も同感です。

みんなこの結論にたどりつくんだけど、出来上がるサイトにはかなり差がある。
誰をターゲットにするか、8割を狙うか、2割を狙うか、多種多様なのがWebのいいところか?


一番上のリンク先にはもっと細かいさまざまな要因があるのだけど
それらが全部絶対ってわけじゃなくて、
各要因にしめるスコアは影響が大きかったり少なかったり、
もしくは特許だしても採用されてなかったり、
プロの業者でもSEOコントロールを維持することは難しいだろう。

ただ、将来的にいきつくところはやはり
「読む側にとって、見やすいサイト、使いやすいサイト、
中身のあるサイトが高評価を得る」

ような検索結果になるのは間違いないようだ。



僕が思わずクリックしたくなるアフィリエイト広告 - あるSEとゲーマーの四方山話
  1. コメントを書く(1)
  2. トラックバック(0)
  3. 2007/04/08
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

<<コーラがなかなか見つからないコンビニ | ブログトップに戻る| はてブの100文字突っ込みでは足りない>>

コメント

<たっく> 

結局、Googleなどの検索エンジンにも流されない最大のSEO対策は記事の中身だね^^
中身が無ければいくらカウンタが増えても意味がないし。
  1. #2NZBXl8Y
  2. [編集] |
  3. 2007/04/09
なまえ:


コメント:

※スパム対策用に英数字のみのコメントをブロックしてます。

: 後で編集・削除用パスワード(設定しなくてもOK)



トラックバックURL: http://finalf12.blog82.fc2.com/tb.php/429-3633583b


※スパム対策用に、言及リンクのないトラックバック、英数字のみのトラックバックを制限しています。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 更新停止。

 <てるやん>(ゲーマー)
 teruyastarはかく語りき
(てるやんの移転先)


 <たっく>(SE)

過去ログ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。