あるSEとゲーマーの四方山話 [RSS]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. このエントリはコメント不可
  2. | このエントリはトラックバック不可
  3. --/--/--
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

傘の置き忘れを無くすべく考える

<たっく>
傘(以後、雨傘の方で考えてね)。
それは世の中で一番忘れられる物。 電車の忘れ物でもダントツ一位を誇る。
なぜここまで傘が忘れられるか、そして忘れを減らすためにどうしたらいいかを考える。
※ここまで書いた時点では解決策は思いついてない。 書いてるうちに考えが発展するのを期待して書き始める。

まずはなぜ忘れられるのか。
それは傘を使う機会がレアケースだから。
雨が降っている時と降っていない時では降っていない時の方が明らかに長い。
だから降っていない時の行動パターンが日常的になる。
日常的な行動パターンはいつも同じ事を繰り返しているうちに意識しなくても出来るようになる。
例えば、朝起きて家を出るまでのパターンって寝ぼけてても考え事しててもきちっと出来るよね。 そういう事。
でも傘が必要な時というのは非日常的。 こっちは無意識ではやってくれない。
だからどこかの段階でふと意識が途切れた時に忘れることになる。
これを解消するために雨の日晴れの日関わらず常に傘を持ち歩くという手がある。
傘を持ち歩くことが日常的になれば意識しなくても傘を手に取るので置き忘れをする確率はぐっと減るはずだ。

でもそんな面倒くさいことなんてやってられないよね。 おいらもそうだ。
別の方法を考えよう。

ここでは公共交通機関等での置き忘れを考える。
電車を降りても駅構内では濡れることもなく地下鉄の場合は降っているかどうかもわからなかったりする。
もちろん乗っている間に雨が止むこともある。
こうして、傘を連想させる雨が無くなってしまうと傘を忘れてしまいやすい。
そこで、そんな状況でも傘を意識させるためにおいらがやっていることがある。
それは常に傘に触れているようにすること。 持っていてもいいし体に寄りかからせてもいい。
指一本でも体に触れていれば余程の事が無い限り、気が付かないことはないからだ。
逆に、壁や手すりに立てかけるのは特に忘れやすいパターンなのでやらないほうがいい。

次に会社や学校への傘の置き忘れを考える。
行きには雨が降っていたので傘を持ってきたが、帰る頃には雨も止んでいたので置き忘れて帰った。
これも非常に多い。 電車などに忘れるのに比べたら実害は少ないけどね。
でもこのケースは公共交通機関に比べて難しい点がいくつかある。
まずは出社(登校)してから退社(下校)までの期間が、乗車してから下車するまでの時間より長い。
この間に天候が回復する可能性が高いので忘れやすくなる。
次に、常に体に触れさせているということが出来ない。 仕事や勉強に支障が出るのでね。
なのでこちらは別の方法を考える必要がある。
※ここからは書きながら対策を考えてる。

まずは逆から考えてみる。

「傘を忘れずに持ち帰る」
 には
「帰りに傘立てに寄る」
 には
「傘立てに向かう動機が必要になる」

普段立ち寄ることが少ない傘立てに如何にして向かわせるかがポイントのようだ。
もちろん帰り間際に雨が降っていれば大きな動機になるため忘れないだろうがここでは止んでいた時について考える。

傘立てに向かわせるためにはそこに行かざるをえない状況にすればいい。
自分が退社時に行っている行動の中で履行制の高い行動を関連付けるという方法はどうだろうか。

例えばタイムカードを傘立てのすぐ近くに置く。
退社時刻を打刻するためにはどうしても傘立てに寄らなければならなくなるわけだ。
ただし毎日タイムカードを傘立ての近くに置いてはいけない。
そうしてしまうと傘立てに寄ることがいずれ無意識の行動になり傘立てに寄っても、普段は行わない傘を取るという行動が忘れられてしまう可能性が高くなるからだ。
だから傘を持ってきた日に限って行うようにする。
これで帰りは傘立てに寄らざるをえず、寄れば傘も思い出すので置き忘れはだいぶ減るだろう。

しかしながらタイムカードをそんな汚れやすい場所に置きたくなかったり、置き場所が決まってたり、そもそもタイムカードが無い人では使えない。
では通勤通学に使用している定期券やiPodなどを括り付けてはどうか。
こちらも十分な効果は期待できるが、汚れの他に盗難のデメリットも出てしまう・・・。
では別の方法を考えてみよう。

今度は傘立てに何かを置くという行為の逆。 傘立てから何かを取る方向で考えてみる。
まずは札を作ろう。
手のひらサイズぐらいの大きさで目立つようにし、何かに引っ掛けられるような札を作る。
そして札を傘立ての所に置いておく。
朝、傘立てに傘を立てたら札を取る。
傘と引き換えに取った札を帰る際、絶対に目にするであろう物に括り付ける。 例えば鞄とかiPodとか。
帰る際は札を持って傘立てに向かい札を戻して傘を取る。
札に気が付けば忘れて帰ることも減り、だいぶ置き忘れ改善にはなるだろう。
もちろん札を持ったまま帰ることが無いよう、札を括り付ける場所は各自が見落としにくい的確な場所へ付ける事。
札にICチップを埋め込んでゲートでチェックすれば完璧だけど、さすがに傘の置き忘れ程度にそこまではね^^;


以上、とりあえず現状思いついた対策はここまで。
※それでもエントリを書いているうちにいろいろ思い浮かんだもんだ。
今回対策を考えるにあたり常に意識していたのは"シンプルに"ということ。
漏れを無くそうといろいろ対策を組み合わせるのは結構だが、作業工程が増えたり複雑になれば逆に精度は落ちる。
複雑で面倒になればなるほど人間は簡略化すべくショートカットしようとするからだ。
場合によってはそれが対策を無効化してしまう。
なので置き忘れの別の対策を考えるのなら、いかにシンプルにするかも考えよう。
  1. コメントを書く(1)
  2. トラックバック(0)
  3. 2007/04/20
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

<<漫画日記7 | ブログトップに戻る| 闘うNIKEシューズ!>>

コメント

<てるやん> 

天才グッジョブ!
いいアイディアだo(> w <)〇゛

俺も結構傘は忘れてきたからなあ。
札を取って、それを返す仕組み、ICチップまでつけたら完璧だ!

札はストラップ状のものがいいかな。
しかも持ってたらかっこ悪いやつw
これを手首になり、かばんになりつけとく。

手首につけてたら、体の一部に触れてるので忘れることはないだろう。
かばんにつける場合、かばんを持って歩くとき、かばんにぶつかって
なにか音がなるような硬いストラップがいい。
いつもと違う音が鳴れば気づく。
通常の鈴だと授業の移動とかでうるさいので、
プラスチック程度でできたカラコロいうやつだったらいいな。

それにICチップを埋め込むのは最初の導入こそ高いのだが、
その後の運営コストはそうでもない。
ゲームソフト屋とかのシール式のチップは1個10円もしないし
ゲーム屋と違って使い捨てにはしないから。


ここまで書いて思いついたw

たっくの仕組みじたいは完璧だが、
会社なり学校なりが導入してくれないとどうしようもない。

で、これを自分で導入しよう。
ICチップではなく、ストラップのほう。

要は自分のかさに、ストラップをつけとく。
傘を置いたときは、そのストラップを手首につける。

手首につけたくない場合、
ストラップの先にプラスチックの小物をぶら下げた上で
かばんなり、ベルトなり携帯なりにぶら下げとく。
(携帯にはもともとストラップついてるので、それより目立つもの
もしくは、ストラップの先にさらにストラップをつなげるとかして目立たす)
そうすればそのプラスチックがコンコンぶつかって教えてくれる。

こっちはかっこいいストラップでもOKw
自分だけの札だから盗まれることもないしね。


俺が商品企画部だったら、
ぜひ「わすれな傘」とかいって周りの邪魔にならない、
いい音のするストラップを発売したいところだw

シャンプーリンスの件もそうだけど、
日常のささいなことすら、
何十年も何も考えられずにほったらかしたままなんだなあ俺は。
  1. #XCrtMn7Q
  2. [編集] |
  3. 2007/04/20
なまえ:


コメント:

※スパム対策用に英数字のみのコメントをブロックしてます。

: 後で編集・削除用パスワード(設定しなくてもOK)



トラックバックURL: http://finalf12.blog82.fc2.com/tb.php/456-90da24af


※スパム対策用に、言及リンクのないトラックバック、英数字のみのトラックバックを制限しています。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 更新停止。

 <てるやん>(ゲーマー)
 teruyastarはかく語りき
(てるやんの移転先)


 <たっく>(SE)

過去ログ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。