あるSEとゲーマーの四方山話 [RSS]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. このエントリはコメント不可
  2. | このエントリはトラックバック不可
  3. --/--/--
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

小銭の貸し借りを忘れない方法


<てるやん>
先の、傘の置き忘れを無くすべく考える - あるSEとゲーマーの四方山話
と似たような方法で小銭の貸し借りを忘れない方法。


大人だったら、「ああ、それぐらいおごるよ」で済むかもしれない。
でも学生だと500円、1000円でも結構死活問題だったりする。
僕がバイトしてたとき、周りでよく小銭の貸し借りがあって
「貸したっけ?」
「返したっけ?」
っていう気持ちの悪い事態になることもしばしば。

もちろん、仲間同士なんだから
「ああいいよ、俺もよく覚えてないから”返したことにしとこう”」とか
「確か前に返したような気もするけど、はっきり覚えてないし”しょうがないから”払っとくよ」
とか、お互い一歩引いても、すごい煮え切らないイライラするやりとりになるww


で、僕がやってた方法は
「適当な紙に日付、名前、金額を殴り書きして、
相手にパッと見せて
それを自分の財布のお札入れにしまう。」
「で、返してもらったとき目の前でそれを破り捨てる」
ということ。

人間の脳でそんな細かいだぶるような出来事を、いちいち記憶してるわけにはいかない。
その日や、明日までは忘れることもないだろうが、
明日にその人に必ず会うという保障はなく、なにかと忙しければそういう処理の優先順位は下がる。
明後日以降は記憶があやふやにしかならない。

それに同じ貸し借りを繰り返すと、どこでどれだけ貸して返したのかわからなくなる。
だから、紙に記憶を保存しておく。

これは結構好評で、
「てるやんは、紙に書いてくれるから助かる。俺すぐに忘れるからよろしく。」
といわれ、もちろん俺は
「お前、自分で書けよ!!」と突っ込み
相手は愛想笑いですます。
これは紙に書くというひと手間がめんどくさいから、他の人ではみかけないのだが、
相手がそれをやってほしいというのは、やはり気持ちの悪いやりとりをしたくないからだろう。

小銭とはいえ、こういったやりとりをきちんとできない場合、
人間関係でなめられることにもなりかねない。

さらに最初の
「ああいいよ、俺もよく覚えてないから”返したことにしとこう”」とか
「確か前に返したような気もするけど、はっきり覚えてないし”しょうがないから”払っとくよ」
ともなると、これが記憶違いでない本来の処理だったとしても、
両者ともに損をしたような錯覚に陥る。
どっちも不平等に扱われた気がして、1日このわだかまりが消えないかもしれない。
また同じような事態になるほど、妙なストレスが増える。


この事態を避けるために、学生さんは1手間かけても、紙に殴り書きをしてたほうがいい。
ペンがない場合、携帯のメールでもいいだろう。
相手に金額と日付を送り、自分の送信メールは未処理フォルダに置いとき、
返してもらったとき、日付と金額の返しましたメールをして完全に削除するとか。
  1. コメントを書く(1)
  2. トラックバック(0)
  3. 2007/04/20
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

<<ブログネタに困らない方法 | ブログトップに戻る| 漫画日記7>>

コメント

<たっく> 

500円や1000円程度なら貸したときの方が忘れるなーおいらは。
返し忘れはまずいのでしっかり覚えておくけど、
貸したときは高額でない限りどうでもよくなったりする^^
もちろんそれを見越して忘れたフリをするような人とは付き合いはなくなってくだろうけどね。
  1. #2NZBXl8Y
  2. [編集] |
  3. 2007/04/20
なまえ:


コメント:

※スパム対策用に英数字のみのコメントをブロックしてます。

: 後で編集・削除用パスワード(設定しなくてもOK)



トラックバックURL: http://finalf12.blog82.fc2.com/tb.php/458-34b87ab9


※スパム対策用に、言及リンクのないトラックバック、英数字のみのトラックバックを制限しています。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 更新停止。

 <てるやん>(ゲーマー)
 teruyastarはかく語りき
(てるやんの移転先)


 <たっく>(SE)

過去ログ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。