あるSEとゲーマーの四方山話 [RSS]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. このエントリはコメント不可
  2. | このエントリはトラックバック不可
  3. --/--/--
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

ベンチャーのゴールはいかにGoogleに特許技術を高く買い取ってもらうかになる

Google vs 2ちゃんねる?-- 純国産検索エンジンに本気のベンチャー - CNET Venture View
ただ、うちがグーグルと同じ事をしたとしても、「グーグルでいいじゃん」と言われて終わってしまうので、「ブラジル」でしかできない何かを見つけないといけないと思っています。



<てるやん>
Googleのサービスを何か使い始めると、
結局、「あのサービスもこのサービスもGoogleでいいか」ってなってしまう。

とすると、現状の規模から考えて新しいサービスを開発してもGoogleは後乗りで、サービスを乗っ取るまたは特許を買い取ることができる。
「全部Google」だ。

ワード、エクセル、パワーポイントが連動してたほうが使いやすいように
Webサービスも全てデータが一元管理されてたほうが、なにかと都合がいい。

Googleがパーソナライズに力を入れ始めてるけど、
サービス側が、こちらの趣味思考を全自動で把握して対応してくれたほうが
最高のホスピタリティ(意訳:感動)をもたらす。


となるとWebベンチャー企業は、
アイディア次第で面白いことを急激に広めることはできるが
すぐに複数の実装特許を抑えることができなければ
真似されて、大手Googleなどに飲み込まれてしまう。

複数の実装特許を抑えるのは難しいから
新しいサービスのデファクトスタンダードを一気に取りにいくしかない。
このサービスならあの会社と思われるぐらいに。
しかもGoogleサービスとバッティングしないアイディアで。

それが世界レベルで広がれば、それでもビジネスになるかもしれないし
Googleに何十億ドルで買い取ってもらえるかもしれない。
(最初から買い取ってもらおうという気持ちでは革新的サービスは難しいだろうが)


システム開発はすべてGoogleに飲み込まれるようなちょっと難しい状況にあるけど
コンテンツサービスはGoogleと手を取り合える。
アニメ、ゲーム、漫画、映画、
こういったものは、日本人はむしろ得意なので
そっちのほうがむしろブルーオーシャンな気もする。

革新的なシステムサービスより、
革新的なコンテンツサービスというぐらいの意味でね。
  1. コメントを書く(5)
  2. トラックバック(0)
  3. 2007/05/15
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

<<モバゲーのCMは違うと思うw | ブログトップに戻る| nanacoはどうなのか?>>

コメント

<たっく> 

汎用ソフトはそうなっていくかもしれないね。
でも、数多くある企業や公官庁などで使われる独自ソフトまでいくとさすがに無いかも。
Googleといえどもそこまで時間は無いだろうしね。
  1. #2NZBXl8Y
  2. [編集] |
  3. 2007/05/15

<てるやん> 

>数多くある企業や官公庁で使われる独自ソフト、、、

あ、それちょうど今日読んだ大前研一氏の記事で
コンピューターシステム導入において日本は極端に効率が悪いというのがあったんだけど。
企業リスク対策(第76回)[大前 研一氏]/SAFETY JAPAN [コラム]/日経BP社
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/column/a/79/03.html
 労働生産性の低さについては、わたしは特にシステム会社に問題を感じている。システム会社は、企業から導入したいシステムの希望を聞いて、それに適応するソリューションシステムを開発して納品する。ところが現実には、よその会社とまったく違うシステムというものはそれほどない。業務内容がある程度似ているのだから、そこで利用するシステムも類似点はあるのは当然のことだろう。このため多くの国ではシステムを次第にパッケージ化し、むしろそれに合わせて業務のやり方を変えていく、ということが90年代に広く行われた。

 ところが、日本のシステム会社は発注を受けたら、一品料理のようにその都度、テーラーメードのシステムを開発して納品しているのである。たとえ以前、類似するシステムを開発していたとしても、ゼロから開発したような顔をして、高い金額を請求している。これは企業だけではなく官公庁や東証のようなシステムでも同じである。

 システム会社が“サイバーゼネコン”化し、それとともに彼らもまた競争力を喪失し、世界では勝負できないドメスティックな会社となってしまった。もちろん短期的に見ればその方がもうかるのだが、長期的に見れば日本全体の競争力、すなわち生産性の低下につながっているのだ。


これが翻って、Saelseforse.comや、Googleエンタープライズ、の急激な躍進につながってるんだよね。
へたすりゃこの2社で企業の8割抑えれるかもしれない。

詳しいことがわからないし、そんな心配することでもないかもしれんけど
たっくはたっくで、もうひとつ別のプログラム職も視野に入れといたほうがいいかも。
  1. #XCrtMn7Q
  2. [編集] |
  3. 2007/05/15

<hamasta> 

>日本のシステム会社は発注を受けたら、一品料理のようにその都度、テーラーメードのシステムを開発して納品しているのである。たとえ以前、類似するシステムを開発していたとしても、ゼロから開発したような顔をして、高い金額を請求している

、、、このへん、現場の人間には一言も二言もある人が沢山いるでしょうねえ。
ソフトウェアのスケーラビッリティを理解していないというか、そもそもソフトウェアそのものを理解していない人がIT企業のトップだったりしますから。
大前さんの記事はいつもグサっときます。
統計データにあるように、日本企業のホワイトカラーの生産性の低さは伊達じゃないですね、きっと。
なんで1部署30人も人がいて外線が1つしかないんだと、もうアフォかと(略

タイムコンサルタントさんのblogの記事を印刷して投げつけたくもなります。。
http://brevis.exblog.jp/

  1. #Zu6GYWc2
  2. [編集] |
  3. 2007/05/16

<てるやん> 

>ソフトウェアのスケーラビッリティを理解していないというか、そもそもソフトウェアそのものを理解していない人がIT企業のトップだったりしますから。

これで日本のIT企業がつとまるのが、日本の七不思議。


>なんで1部署30人も人がいて外線が1つしかないんだと、もうアフォかと(略
ごめん、ワラテモウタ。


>にもかかわらず、こうした世界のプロマネたちは、「プロジェクト管理に理論がある」という基本的なことさえ知らずに仕事をしているかもしれないのだ。まるで、海図も測量器具も知らずに航海に出る船長のように。

きっと根性で7つの海を渡りきるのだろう(o ̄∇ ̄)o
  1. #XCrtMn7Q
  2. [編集] |
  3. 2007/05/16

<たっく> 

多くのIT企業は派遣事業が主だったりする。
"マルチメディア"という言葉が流行った頃から参入も増えたしね。
こうなると人を右から左に流すだけだから経営者にソフト開発の知識は関係ない。
違法な多重派遣も長年行われてるし、中間にいる企業なんてマージン取ってるだけ。

効率がどうこう以前に、いろんな問題を抱えてるのだよこの業界は・・・。
  1. #2NZBXl8Y
  2. [編集] |
  3. 2007/05/16
なまえ:


コメント:

※スパム対策用に英数字のみのコメントをブロックしてます。

: 後で編集・削除用パスワード(設定しなくてもOK)



トラックバックURL: http://finalf12.blog82.fc2.com/tb.php/538-3069be54


※スパム対策用に、言及リンクのないトラックバック、英数字のみのトラックバックを制限しています。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 更新停止。

 <てるやん>(ゲーマー)
 teruyastarはかく語りき
(てるやんの移転先)


 <たっく>(SE)

過去ログ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。