あるSEとゲーマーの四方山話 [RSS]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. このエントリはコメント不可
  2. | このエントリはトラックバック不可
  3. --/--/--
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

ホワイトカラー・エグゼンプション先送り

「残業代ゼロ」先行 払拭できず 今度は経済界を敵に回す? - (Yahoo!ニュース)

<たっく>
結局、参院選が怖くて先送りってことみたい。
問題があることをわかったうえでやろうとしてるってことか^^

時間で計れない仕事ってのはある。おいらのいるIT業界もそうだし。
プログラムを作る場合、コードを書くという実質的な製造部分ってそんな大きな割合じゃなかったりする。
多くは、考えていたり悩んでいたり虫さん探しとか(笑)
神様からソースを貰えてそれを打ち込むだけだったら数日で終わるであろう作業を数ヶ月や数年かけてやってるんだからね。
だからこの作業をより短期間で的確に出来る人ほど優れた技術者ということになる。労働時間とは反比例なんだよね。
なので制度導入の趣旨はわからんでもない。

でも、経営者ってのは費用対効果を常に考えている人種。※悪いということではない
さっさと仕事終わって定時よりも早く帰っちゃうような人がいたらどうする?
新たな作業を振ろうとするだろうね。
その分評価が上乗せされたらいいけど、それに見合った分の見返りはあまり無いと思う。
社員の給与より株主配当や役員報酬を優先してる大企業が多いとニュースでやってたぐらいだしね。
そうなると労働者はどうするか。
仕事が終わっても仕事をしているフリをする作戦に出るだろうね。
別の仕事振られてサービス残業するぐらいなら定時まで時間潰すでしょ?
これって双方にとっていい事じゃないよ。

企業がどうしても手放したくない人ってのはこの制度が無くてもすでにそれなりの待遇を与えられてる事が多い。
現状そうじゃない人達がこの制度の対象になった場合、普通に考えて待遇が良くなると思えるだろうか?
理想どおりの運用が行われるケースより、悪用されるケースの方が多くなるのがオチだろうね。

と、否定寄りで書いてみたが、これだけでは何なんでうまく生かされるにはどうしたらいいかを考えてみる。

やはり労働者側の権威を上げないとね。
てるやの記事であったけど、日本人は仕事に不満を感じても我慢する傾向にある。転職率も他の先進国に比べて低い(一概に悪いとは言わないけど)。
不満があったら会社に改善を要請するとか、それでもダメなら見切りを付けて転職するとか、こんな風土が広まらないとね。
もちろん会社や社会に難癖つけるばっかもダメだけど、「雇ってもらってありがたや」だけではいつまで経っても改善されない。
企業と労働者は上下関係じゃない。対等な関係だったはずでしょ?
がんばれ、労働者! 日本を支えているのは株主でも経営者でもなくあなた達なんですよ!

※熱く語っちゃったけど、そんなおいらは制度対象外w
  1. コメントを書く(1)
  2. トラックバック(0)
  3. 2007/01/19
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

<<NBA 07バグ | ブログトップに戻る| バーチャルコンソールダウンロードランキングの常設希望!>>

コメント

<てるや> 

こういう労使問題ってずっと不思議なんだよねえ。
なんで労働組合とか会社側が対立してるんだろうと?

お客様と会社はWin-Winの関係でないといけないのに、会社と従業員はWin-Loseなバトル。そりゃ働きすぎでいろんなひずみもでるよね。

会社も儲かり、同時に従業員も儲かるシステム作りに変えたら少しの働きでも、会社はどんどん発展するだろうに。(青いねえw)

会社の利益を考えるとき、お客様のことを第一に考える。しかしそれを継続発展させていくには、実際にお客様に接して働く従業員のことを大事にしないといけない。会社という組織からみたら、実際に知恵と汗を出してくれる従業員が一番目の大切なお客様で、商品を買ってくれる人は2番目のお客様。

1番目のお客様に対して最低限のコストで最大限の利益を貰おうとするのは凄いわけるけどね。みんなそれでもちゃんと働いてくれるし。中には1.5倍の給料で他人の10倍以上結果だす有能な人もいるし。それでもちゃんと会社が回るんだから。

でも、それはあくまで会社側の視点であってお客様の事は第一に考えてない。人材がなにより大事といいながらも、獅子が我が子を谷に突き落とすかのように這い上がって来いという。ここから這い上がってこれる人材が大事なわけだ。

もちろんそんなやり方で鍛えるのもありなんだろうけど、それだと優秀なわずかな人材と谷を上れない大勢になっちゃうわけで、それよりは一番目のお客さんがいかに最大限の力を発揮し、最大限の利益を得れるか?というシステム作りのほうが結局会社の利益になるんじゃないだろうか。

参考になる会社システムはたくさんある。システムというより理念かな。「サムスン」「任天堂」「グーグル」「松居証券」「ディズニー」「トヨタ」、、いかに働くことに生きがいを感じてもらうか。。。。

ゆえに、うまくいってる会社からみると、労使バトルとかなんでそんなことをする必要があるのか意味が分からない。

いや、冷静に複雑に考えればそうならざるをえない会社の事情とかもたぶん分かる。でも、ずっとそのままで良い会社のやり方をパクリも改善もしないままというのはやっぱり分からない。

まあ、、、優秀な人材はより力が発揮できるところに移るし、どの業界でも2極化統廃合が進むだろうからお客様を大切にできる会社だけが生き残るし、実際いろんな製品やサービスはとんでもなく向上しつづけてるし、2番目のお客様としては心配することもないか(〃 ̄▽ ̄〃)


こんな言葉もあった。
船を造りたかったら、人に木を集めてくるように促したり、作業や任務を割り振ることをせず、はてしなく続く広大な海を慕うことを教えよ。
(サン・テグジュペリ)
  1. #-
  2. [編集] |
  3. 2007/01/19
なまえ:


コメント:

※スパム対策用に英数字のみのコメントをブロックしてます。

: 後で編集・削除用パスワード(設定しなくてもOK)



トラックバックURL: http://finalf12.blog82.fc2.com/tb.php/54-3e96bc9f


※スパム対策用に、言及リンクのないトラックバック、英数字のみのトラックバックを制限しています。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 更新停止。

 <てるやん>(ゲーマー)
 teruyastarはかく語りき
(てるやんの移転先)


 <たっく>(SE)

過去ログ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。