あるSEとゲーマーの四方山話 [RSS]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. このエントリはコメント不可
  2. | このエントリはトラックバック不可
  3. --/--/--
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

日本人プログラマーの未来時給は651円

<てるやん>
週刊東洋経済の記事らしいです。
よくそんな端数までわかるもんだw

駆け出しプログラマーのグループ - hamastaの日記 -Pythonで学ぶプログラミングの世界- - 雑誌記事 「日本のプログラマーの未来時給」を見て人生オワタ\(^o^)/

驚きの騰落率第一位は、、、

1位 ▲65.2% プログラマー 未来時給 651円


中国やインドへの低賃金プログラマーに全部任せてしまえるようになったら、
賃金は同様に下がる。
向こうの賃金が上がれば同様に日本プログラマーの賃金も上がるのでしょうが
なまじ他の産業で絶大な力を持ってる日本だけに、そうそう同賃金というわけにはいかない?


まあ、この点についてはこちらで

それがインド人にはできない理由 y_rの落書き帳
多くの中国人技術者は、「出来上がってきたものを見てから修正する」という日本人のやり方に対して、以下のような否定的な見解を持つといいます。

* 日本人は、本来設計に掛けるべき時間と労力を省いている

* 日本人は、想像力や検討する力が欠けている

* 日本では、能力の低い技術者が設計している

中国に仕事を依頼する際には、平気で「出来上がったものを見てから気に入らない個所を修正する」といったやり方がまかり通ります。良くも悪くも、これが日本式開発アプローチの特徴です。

[日本的環境下でよくある発言]

* システム開発で修正が入るのは当たり前、やむを得ない

* 顧客が直したいと望んでいるのだから、直すべき

* 修正要望に臨機応変に対応するのも、ソフト会社の力量の1つ


「われわれは何を開発すればよいのか、仕様を説明されてもさっぱり分からない」

「日本企業の担当者はシステムの全体像を知らないうえに、業務知識も乏しい」


いやあ、これまで伝え聞いてたところでは
「中国のプログラマーはヘボすぎる!」だったのですが、
「いくら賃金が安いといっても、なぜヘボとわかってて発注するのか?」
というのが大きな謎でした。


これが、
「プログラムすらわかってない設計者が上流にいる日本のソフト会社」
とすれば全て合点がいきます。

発注する先の中国の会社は実績と信頼がそれなりにある。
そのうえ賃金も安い。
だからそこに上流のアフォが発注する。
ところが、いい加減な「仕様どおり」のものしか返ってこない。
「そこは適当にやっといて」が効かない。
ついでに「やり直して」も文化的に効かないw

しかたなく、日本の派遣会社が「できあがったソフトの調整」という名のデスマーチ。
1から開発しなおしたほうが早くても、上流のメンツ上それはできない。
そして「中国のクソ野郎!」となる。
がってん、がってん、がってんヾ(^^*)

全部が全部じゃないだろうけど、
こういった文化的ミスコミュニティが取り除かれない限り
海外発注ってのは難易度高いね。
この点は安心していいかと。


とはいえ、前に心配してたことは解決してない。

ベンチャーのゴールはいかにGoogleに特許技術を高く買い取ってもらうかになる - あるSEとゲーマーの四方山話
Googleのサービスを何か使い始めると、
結局、「あのサービスもこのサービスもGoogleでいいか」ってなってしまう。

とすると、現状の規模から考えて新しいサービスを開発してもGoogleは後乗りで、サービスを乗っ取るまたは特許を買い取ることができる。
「全部Google」だ。


アウトソーシング以上にまずいと思うのが、Webアプリ化。
SaaS。

これまでマシン別、企業別とかでやってたのがWebで統一化されてしまうと
安くて、性能が良くて、使いやすいたった一企業で済むようになってしまう。

経済のグローバル化がすすみ、いろんな業界で大規模M&Aが進んでるようですが
リアル産業では、大きな関税や物理的コストから2極化への進みは比較的遅い。

これがネットとなると、デファクトスタンダードは1つでいい。
リアル産業ほどの制限はないのだから、単純にユーザー数の多いものが勝つ。


ぶっちゃけ、セールスフォースと、グーグルエンタープライズが
ますます使いやすくなって、加速度的に成長した場合
日本は追いつけるのかと?

金融と医療で実績つまれた場合、取り返しつかなくなるんじゃないか?と
対抗は、サイボウズ、はてな、ライブドア?


かつてのウィンドウズや、IEのように、デファクトスタンダード取られたら終わり。
業界標準がとれなかったソフトウェアサービスはなにひとつ報われない。
いくら日本独自の市場を囲ってても、
これだけWebが広がるとかつてのPC98ほどの長生きはできないかもしれない。



といっても、そう悲観することないと思うのはこちらに全面同意だから。

404 Blog Not Found:ソフトウェアの競争力は誰に宿るか
自分のお気に入りの問題を、自分のお気に入りのやり方で解くとき、生産性はMaxになる。人から与えられた設問を、人から与えられたやり方で解く場合は、その100倍から100万倍生産性が落ちると言い切っていい。

だから、ソフトウェアの生産性を決める一番の要素は、問題を選ぶ自由度と解き方を選ぶ自由度。だから、「ほにゃらら産業」といった時点で実は負け、その時点で産業という「解き方」を指定しちゃうんだから。何が間違っているといったら、主語が間違っている。「日本人かインド人か」ではないのだ。この主語は実は個人名でしかありえない。


ソフトウェア開発の場合、無茶なデスマーチを押し付けられるか
理想的な開発環境で作れるかで、100万倍も結果が違う。
100万倍も違うということは、個人の力でも充分に物をいう。


これは実のところそんなに難しくない。「産業」を捨ててて、「生活環境」に注力するのだ。どういうことかというと、「ふつうの人」100万倍の人たちに「ここに住み続けていたい」と思わせるようにするということだ。

実はこの点で、日本はけっこういい位置にいる。10代の女の子が平気で夜遊びできるほど安全な環境。引き蘢りにやさしい家庭。どんなオタクが一生かけても観きれないほどのマンガとアニメ....遊びネタが湯水のごとくあって、そして遊んでいることを咎められない環境というのは、プログラミングという狭義のソフトウェアのみならず、コンテンツという広義のソフトウェアまでふくめたソフトウェアにとって理想の土壌なのだ。


なるほど、金にならないオープンソフトウェアを支えるニートプログラマーや
「才能の無駄遣い」で騒がれるニコニコ動画クリエーターなんかが
実力を思う存分発揮できる環境はあるわけだ。


で、、そんな好条件の日本がいいようにシリコンバレーにやられてるのは
能力を発揮させない仕組みづくりがまちがってるわけで、現状の一番いい仕組みが、、、、
結局Googleかよ!!!

どんな企業でも Web2.0化して利益を倍増させるコロンブスの卵が発見された!! - あるSEとゲーマーの四方山話
個人と企業が最大限に力を発揮させる仕組みの話。
長いよw




書きながらその結論はばからしくなってきたw
なんか希望的観測なところに落としたかったが、、、、
(その仕組みはそれで希望なんだが)


まあ、明日から取引先が全部セールスフォースとグーグルにするってわけじゃあるまい。
651円はたぶんデスマーチが前提。
その100万倍の力をもつプログラマーなら、お金や職の心配はあるまい。


そういった仕組みづくり、デファクトスタンダードを狙える分野の開拓。
自分のスキルアップ。
前に進むならいまからでも手遅れってことはないさ。


例えGoogleがデファクトスタンダードを取っても
日本の情報産業が空洞化しても
100万倍の力を発揮できる仕組みを作っていったら
自分と自分に関わる人たちは幸せなんだと思う。
  1. コメントを書く(3)
  2. トラックバック(0)
  3. 2007/05/27
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

<<タクシーは規制緩和から規制強化へ | ブログトップに戻る| 森田一義、編集長によるWeb雑誌>>

コメント

<hamasta> 

社内全てでソースコードを共有するというGoogleの恐ろしさは、
プログラムを書く人でも意外とわからなかったりします。

でもその結果が、あの爆発的な成長なんですよね。
もちろん、今でも世界最高のソフトウェア企業はMicrosoftですが。

あるグループ内での道具や知識の共有こそが爆発の源泉なのは明らかです。
なのに誰も真似しようとしない。

例えば大学だったら、教授同士は意地を張り合って実験装置をお互いに貸し借りしなかったり、共同設備の利用料が無駄に高かったり、、、

つまり人間の見栄や嫉妬心を上手く取り除いて協力することができれば、
そこにはブルーオーシャンが広がっているはずです。

blogは思考を共有する。
ソースコード管理ツールはソースを共有する。
だったら工作機械も共有してしまえばいいのに、、、
と思ったら、そういうことをやっている組織が既にあるのを思い出しました。

世界の発明家の卵を支援するMITの『ファブ・ラボ』(上)
http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20051207205.html

つくづく、世の中の競争というのは次元が違うのだなあ。。

  1. #Zu6GYWc2
  2. [編集] |
  3. 2007/05/27

<たっく> 

さすがに時給651円じゃ本業にはならないなぁ^^;

でも賃金だけで仕事を選ぶのもどーなんだろうと思うけどね。
そんなのはバイトレベル。
おいらはプログラミングが好きだからこの仕事を選んだ。
未来の成長が見込めるからって興味も無い薬剤師になろうとは思わんよ。
  1. #2NZBXl8Y
  2. [編集] |
  3. 2007/05/27

ALITO株式会社> 【参加者募集】開発者・技術者の支援プロジェクト

プログラマ・エンジニア特化型の事業支援プロジェクト
『スプリング・テック・キャンプ2008』(STC2008)の運営開始!


突然のメッセージにて失礼致します。
初めまして、ALITO株式会社と申します。開発者・技術者の方々向けの情報の1つとしてご覧頂けましたら幸いです



国内外企業のインキュベーション事業を展開する弊社は、開発者及び、技術者に焦点を当てた起業家支援プロジ

ェクト『スプリング・テック・キャンプ2008』(以下、STC2008)を開始しました。このプロジェクトは、開発者及び、技術者

がこれまで培った技術を活用し、自分が作りたいサービスを思う存分2ヶ月間で開発して頂くために、当社が最大限

に支援するプロジェクトとなります。


【STC2008の詳細ウェブ】
http://www.alito.co.jp/stc2008.html


■ 本プロジェクト概要
 STC2008は、開発者及び、技術者が集中して開発・制作に取り組めるよう、すべての環境を提供します。

■ スプリング・テック・キャンプ2008
生活(宿泊施設・食事)
インフラ(PC・サーバー・ネット)
オフィス(開発スペース)
技術サポート

■ 受付 2008年3月17日(月)より随時受付

■ 事業テーマ(どのプログラム言語でも可)
・ソフトウェア製品の開発
・ソフトウェアサービス
・ソフトウェア技術開発
・その他、ネット系開発・技術に特化したサービス 

■ 参加条件
・個人での応募、または開発チームでの応募可
・自分の開発・制作に対してフルコミットメントができること
・独創性・オリジナリティのあるアイデアであること
・自分のアイデアを開発するにあたって、エントリー者本人が技術力を持っていること
・現在、起業をしていないが、将来的に起業の意思があること
・年齢が15歳~40歳までであること
・ALITO株式会社の本社(東京都中央区)で作業が可能なこと
・ビジネス化を予定しているアイデアや技術に対する特許・著作権などの権利をALITO株式会社以外の個人、また

は団体が保有していないこと


もし、興味がありましたら、このプロジェクトに参加して、色々なプログラマーやエンジニアの方々とそれぞれの目標に向

って頑張ってみませんか?

http://www.alito.co.jp/stc2008_entry.html
こちらからご応募頂けますので、是非ご応募をよろしくお願い致します。
  1. #-
  2. [編集] |
  3. 2008/03/25
なまえ:


コメント:

※スパム対策用に英数字のみのコメントをブロックしてます。

: 後で編集・削除用パスワード(設定しなくてもOK)



トラックバックURL: http://finalf12.blog82.fc2.com/tb.php/573-81deaa06


※スパム対策用に、言及リンクのないトラックバック、英数字のみのトラックバックを制限しています。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 更新停止。

 <てるやん>(ゲーマー)
 teruyastarはかく語りき
(てるやんの移転先)


 <たっく>(SE)

過去ログ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。