あるSEとゲーマーの四方山話 [RSS]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. このエントリはコメント不可
  2. | このエントリはトラックバック不可
  3. --/--/--
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

頭打ちコンビニの収益をさらに上げる方法

<てるやん>
なんか雑誌でローソン社長のインタビュー読んで、
コンビニ業界7期連続減益とかあって、大変だなあとか思ったので考えてみた。


コンビニで利益率高いのは惣菜関連。
弁当とかおにぎりとか。

でも賞味期限があるので、適切な発注は難しい。
業界のデータと、最高のPOSシステムがあるのである程度の把握はできるものの
意外と売り逃してる場合が多い。
というのは、少なくとも俺が買いたいときになかったりすることが多々あるからだ。

俺が買った物についてはPOSデータに登録されてわかるのだが
俺が買えなかった物についてはPOSデータに登録できるわけがなく
コンビニはそのチャンスロスを正確に把握できない。


そこで、、
最近大手スーパーなんかいくと、商品の棚に電卓のモノクロ液晶っぽい
デジタルカウンターが設置されてたりする。
1商品にひとつづつ。

これは商品の値段を表示するだけのものだが、
専用の機械で簡単に値段を変更できるみたいで、
最初の導入コストは高くても、これまでのように値段シールを商品ひとつひとつにはったり、
棚に商品やその値段が変わるたびにラベルを変更したりするのよりは
長期的に見てコストが下がる(いちいち貼ったり作ったりしなくていいし)
ためのものだと思う。


これの応用で、
「ボタン式デジタルカウンター」とか作ったらどうだろう?


商品の値段を表示するのではなく、
商品が売り切れた場合、お客さんにボタンを押してもらう。
注意書きはこう

「ただいまこちらの商品は完売となっております。
ボタンを押していただいたら、
他の商品の代わりに、現在の時間帯にあわせて次回発注数を増やします。
私たちはあなた好みのローソンへ変化していきます^^」

とか、もちょっとシャレた文にしたらいいと思う。
ボタンは何度押しても1回押したら30秒はカウンターが回らないようにする。
超過発注を防ぐため。

「他の商品の代わりに」という一文は、いろんな商品のボタンをあれこれ好きなだけ押されても
やはり超過発注になるから。

5分集計で内臓メモリーに記録できたらいいと思う。
100円電卓にもメモリー機能あるぐらいだし大量発注すればコストは抑えれるかと。

これでPOSでは拾えなかった潜在顧客の欲求を数字として表せるようになる。
経営者ではなく、地域の顧客が自分たちの使いやすいようにコンビニをカスタマイズしていく。
(ちょっとオープンソースっぽい考え)


もちろん、「うちはそんなことしなくても、天才的経営感覚で
ほとんど顧客取りこぼしのない発注してるから大丈夫!」
というのならいいのだけど。。。

でもそれでも、少なくとも俺の住んでる周りぐらいは搭載してくれw
「なんだ今日もないのか」
というガッカリ感は結構あるけど、それは絶対コンビニに伝わってないww


理想を言えば俺が家を出る瞬間に、俺が買いたいものを予想して
すぐさま商品を補充してくれ。
(それはどんな神システムだ?w)



そういや、地域コンビニごとのメルマガとかないのかな?
新商品が入荷したとき夕方4時ぐらいに一斉配信とかしたら、
学校帰りの学生や、会社帰りの社会人を捕まえて集客きっかけになるんじゃない?
もちろんメルマガ見せたら50円引きとかで。


ということで、コンビにもまだまだ打つ手あるんじゃないかという話。

最近リアルなシステム提案が続くなあ。
この調子で名プロデューサーとなって、大正時代を舞台にした乙女5レンジャー作って
徳川埋蔵金を掘るぞw
  1. コメントを書く(5)
  2. トラックバック(0)
  3. 2007/06/02
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

<<したい!やりたい! | ブログトップに戻る| 人はいつまでたっても成長しない>>

コメント

<hamasta> 

地球上で金が最も沢山ある場所はどこか?
それは海でしたね。
海水から重金属を効率的に取り出せる技術を生み出したら
きっと歴史を塗り替えることができます。

>提案

連想はこれ
http://www.asks.jp/users/hiro/tag/%E8%81%B7%E6%A5%AD%E9%81%B8%E6%8A%9E

はてなアイデアは、ただのアイデアに市場的な価値づけをするという
とても面白いサービスなのですが、イマイチ改良が進んでいないみたい。

あれをもっと練り上げて、はてなポイントと連携したら
面白いことになりそうなのに、、、

  1. #Zu6GYWc2
  2. [編集] |
  3. 2007/06/02

<正人> 

やってみる価値はありそうだ。ただやる人がいるかどうか。

俺は、コンビニ行ってやることは、雑誌の立ち読みです。そこで雑誌、漫画類を充実させるのはどうか。そうすれば時間つぶしに本屋⇒コンビニになりお客が増えれば売り上げも増える。そういえば学生時代を思い出すなー。お金がないから漫画を買わないでコンビニで読んでたな。今は、漫画喫茶行くけどな。(立ち読みは、俺は卒業した。)
  1. #saqCtuag
  2. [編集] |
  3. 2007/06/02

<てるやん> 

>歴史を塗り替える

最近、
「雑草から油を取り出す技術」とか
「ラジオ波をあてて、海水を燃やす技術(GIGAZINEでみた)」とか

なんかとんでもない話ありますがww
もっとたくさんの新エネルギー技術があるでしょうから
50年しないうちに、エネルギーは使い放題になるかもしれませんね。


水から火をおこす機械が発明され、エネルギー問題解決に一歩前進 - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070530_water_ignite/
  1. #XCrtMn7Q
  2. [編集] |
  3. 2007/06/02

<たっく> 

確かにPOSデータでは売り切れはわかってもその後の需要は分かりえない。
需要がピッタリだったのか、あと1個足りなかったのか、全然足りなかったのか。
機械が知る芳もない。
発注量を増減しながら探るしかないのが現状か。

福岡ドーム近くのコンビニでは野球がある日のおにぎりの入荷量が一気に増える。
こういうのは長年のPOSデータや経験の積み重ねから弾き出されるんだろうね。

>「ボタン式デジタルカウンター」

翌日にまた同じものが欲しくなるか分かんないからなー。
しかも同じ時間帯にそのお店に寄るかどうかも。
そうなると「ちぇ、いたずらかよっ」ってなってオオカミ少年みたくなるかもしれない。
顧客のニーズを吸い上げるという方向性ではいいと思う。

別においらもてるやんもたぶんコンビニ経営はしないと思うけど、
こういう風にいろいろ考えるのはおもしろいし脳の活性化にもいいから、
おいらも何かコンビニの打開策を考えてみることにしよう^^
  1. #2NZBXl8Y
  2. [編集] |
  3. 2007/06/03

<てるやん> 

>翌日にまた同じものが欲しくなるかどうか、、、


それはたしかにww
そう考えると、今のPOSシステムと過去データと勘による経営でもなんとかなるかな?

でも急激な需要増、カルビおにぎり欲しい人が実は30人ぐらいいたり、
「昨日押した奴はどうなったかな?」って気にしてくれるだけでも
集客力につながるかもしれない。
それを買わないでも、コンビニに来てくれて別のを買ってくれたらね。

わりと人間の行動パターンは習慣づけられてるから、
曜日単位でデータとっても、確率あがるかもね。
  1. #XCrtMn7Q
  2. [編集] |
  3. 2007/06/03
なまえ:


コメント:

※スパム対策用に英数字のみのコメントをブロックしてます。

: 後で編集・削除用パスワード(設定しなくてもOK)



トラックバックURL: http://finalf12.blog82.fc2.com/tb.php/587-b14423a4


※スパム対策用に、言及リンクのないトラックバック、英数字のみのトラックバックを制限しています。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 更新停止。

 <てるやん>(ゲーマー)
 teruyastarはかく語りき
(てるやんの移転先)


 <たっく>(SE)

過去ログ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。