あるSEとゲーマーの四方山話 [RSS]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. このエントリはコメント不可
  2. | このエントリはトラックバック不可
  3. --/--/--
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

平岡議員は加害者の気持ちがわかるってのか!!

痛いニュース(ノ∀`):民主党のネクスト法務大臣が子供を殺された母親に暴言を吐きまくる
被害者の母
「息子は少年法改正の前日に17歳と15歳の加害者に2時間あまりのむごい
 暴行を受け脳死状態になり、五日間、意識不明続きました。お医者様の
 判断で個室に移された日、私は枕元で『助けてあげられなくてごめんね』
 と話しかけると、息子は何も言わずただ涙を流しました。交通事故にあい、
 半身不随となり、絶なリハビリを乗り越えやっと歩けるようになった息子
 を脳死状態になるまで殴り続けて殺したのです。」

民主党ネクスト法務大臣「え?じゃあ、加害者が死ぬ目にあえばいいんですか?」
民主党ネクスト法務大臣「拷問して殺せばそれで気が済むっていうんですかぁ」

被害者の母「息子が死んで犯人が1、2年で出てきてのうのうと暮らしてるのが納得できない」
民主党ネクスト法務大臣「死の恐怖を味あわせたい?」
民主党ネクスト法務大臣「彼等にも犯罪を冒す事情があったんですよ」
被害者の母「事情って何ですか?」
民主党ネクスト法務大臣「そ、それは置いといてですね・・・」



<てるやん>
  こ、、こいつはひどい、、、





  平岡議員は鬼かw
  なぜ被害者の親へさらに鞭打つような、
  そして、反省の色もないような加害者をかばうようなことをするのか??

  滋賀・青木悠君リンチ殺人
  (動画でいらっときた人は見ないほうがいいです)


  平岡議員はもし自分の子供がそういう目にあってもそう平然としていられるのだろうか?
  それでも加害者の立場を考えたりするのだろうか?
  加害者の育ちや環境が悪かったのだろうと、更生をうながすのだろうか?
  それはむしろ自分の子供に対して悪いと思わないのだろうか?

  こんな人の気持ちを分からない人が次期法務大臣という。。。
  よくTVに出てこれたもんだというか、、、
  次の選挙は民主終わったなというか、、、、


  実際こういう少年犯罪は
  「未成年のうちは殺人でもすぐ出られる」
  という、どんなことでも軽い罪と認識してるために暴走してることは明白だ。

  元々少年法が戦後の「やむえなく犯罪でもしないと生き延びれない」という
  子供たちのためにあったとしたら、
  現在の子供たちは食うに食えない生き死にの状況でもないわけだから、
  厳しく罰してもかまわないと思う。

  もちろん、厳しく長い刑罰でハクがついてしまうと
  逆に社会復帰しにくくなるということもあるだろうが、
  現在のように少年法がむしろ犯罪を助長するような形で働いてるならば
  廃案とするのがベターだと思われる。
  平岡議員には猛省をうながしたい。


  。。。。なんて意見が多数見られる。

  こういう場合2chでも議論が白熱したりしそうなもんだが、
  今回は珍しく、被害者擁護の立場に傾くひとが大多数で
  平岡議員側はざっと見た限り誰もいなかった。

  そう、ちょっと変だと思った。

331. Posted by   2007年06月30日 04:28
ん?2ちゃんねらーはこういう時「グッジョブ!よく言った!」とか言うんじゃないの?


  このコメントには両方の意味がある。
  「クズが集まる2ちゃんねらーだから、平岡グッジョブ!」
  「2ちゃんねらーに見識の高い奴がいくらかまぎれてるから、もっと違う視点で見る奴いるんじゃないの?」
   (騒音おぼさんでさえ2ちゃんねるはきちんと擁護してたしね)

  もちろん後者の意見で考えてみたい。

  上の資料からみると加害者に反省の色はなく、元から自暴自棄の傾向がみられる。

 青木君の命を奪った少年の一人は鑑別所の中から友人にこんな手紙を書いている。本当に内省力があり、感受性が豊かなのか読んで考えてみて欲しい。

『ヒマ、ヒマ、ヒマ、ヒマ、ヒマ、ヒマ・・・・青木なぐったん、広まってるか。ここ出たら遊ぼう』

『元気してる?どお、オレがいない1ヶ月間!さみしい?おもんない?オレも早く出て○○ちゃんと遊びたいわー!毎日、毎日、早く家に帰りたいなー!(中略)すげー家に帰りたいわ』

『オレな、前に○○ちゃんからの手紙になー、年少2、3年入ってなあかんなーって書いたやんかー!めっちゃブルーで、あー死のうかな?とか思っててんかー。でも、今日の朝のオリエンテーションのテープで、少年院に入ってる期間は、二年以内とわかってバリバリさあがんばるぞー!!って思ってん!(中略)オレきわどいねん!初等と中等の間やねんなー、むずいやろ?でも、初等も中等も二年以内で出られるらしい』

『普通なら、大津から飛ぶけど。オレは逃げもかくれもしないし。・・・・・オレな、出たら単車か車でちょっと琵琶湖一周でもするわ。・・・題して「自分を見つめるたび」ですわ。出てからも、ちょっと反省する旅です』


【少年たち】

A・・・・空手3段。中学の卒業文集で「あなたの10年後はどうなっているでしょう」というテーマで「殺人犯で指名手配されている」と書いている。4月から定時制高校に入学することになっていた。

B・・・・内装作業員。非行歴1回。補導歴17回。


  では被害者の親と同じようにこういう人を強く憎んで激しく非難したらどうだろう?
  いや、実際事件からそこまで恨みや非難ばかりだったはずだが
  当人はこのとおり、どこふく風でむしろますます調子に乗っている。

  2ちゃんねるのような炎上と同じく、かまって欲しいのだ。
  それが憎しみでも非難でもいいから、とにかく自分が埋もれないよう
  誰か相手になってほしい。
  自分が誰にも愛されず、存在意義がないことはわかってるから、
  憎まれ役でもかまわないし、弱い奴が自分の上を行くのは絶対許せない。


  とするとこの場合加害者に「優しい」のはむしろ被害者の親のほうである。
  「殺してやりたい」ほどの憎しみを表明してるのだから。
  加害者はそれだけで、弱者を踏みにじる悪としての存在意義を保てる。
  もしかして死刑だって覚悟してるほどの自暴自棄かもしれない。

  じゃあこの加害者に一番「厳しい」態度はなんだろう。
  もちろん炎上と同じく、「徹底的に無視」である。
  さらにいえば「かわいそうな人」として「同情」されることである。

  加害者は自暴自棄なほど誰にも愛されず存在意義が揺らいでいるのだから
  その図星だけは絶対に突かれたくない。
  自分でそう思うだけならまだしも、
  周りのみんなからそういう目で見られるのはなによりつらい。
  (自分でデブと思うのはまだしも、他人にデブと言われたくないのと同じ)
  だからこそ悪事を働いてでも憎まれ役にまわる。


  この意味で平岡議員は正しいのだ。
  感情的に熱くなるほど、加害者にとって存在意義が増してくる。
  だがら
  「加害者を憎んで息子さんが生き返りますか?」
  「加害者を殺せば恨みが晴れますか?」

  晴れるわけがない。
  むしろ殺して憎しみが達成されてしまうと、
  物凄い虚脱感に襲われ今後の人生を生きていく気力を失うだろう。
  (本人も矛盾してるとは言ってるが)

  加害者的にも自暴自棄なんだから、どこかで殺されて本望的なところがある。
  悪役の本望のまま死なれるより、同情の目で生き恥さらすほうがつらい。

  結局
  「息子は不幸にも死んでしまったが、最後まで親思いの本当にいい子だった」
  「加害者は私にとってもはや関係ない」
  「二度と息子と同じ目に会う人が出ないようこの想いを広く届けよう」
  「そして、息子の分まで生き抜こう」
  「あの加害者は立派だった息子に比べて、かわいそうなぐらい哀れな人間だ」
   と、聖人君子じゃないがそう判断することが加害者にとって一番きつい。
   殺人までしたのに無視されるほど存在意義を否定されることはない。


  もうひとついうと、人の死は決して無駄にならない。
  フィクション、ノンフィクションに限らず
  特に若い身内をなくした人ほど、その命を一緒に背負うことになり強くなれる。
  そのエネルギーを「憎しみ」に向けるか「亡くなった人のため」に向けるかの違いだ。
  もちろん「憎しみ」に向けた場合、亡くなった命が報われることはない。


  だからあの番組にも、コメント欄にも違和感があるのだ。
  なんでみんなして「加害者」が望むような応援をするのだ?
  なぜ「加害者」の存在意義を高めるのだ?
  もちろんただ憎いだけでそんなつもりはないだろうが、
  結果的に加害者は喜び、死んだ人をさらに冒涜してるようなもんだ。
  しかも母親まで一緒になって。


  少年法の話に戻ろう。
  この法律詳しくは知らないがこの事件後、
  15歳以上には適用されないようになったとかコメントでみかけた。
  少年法があるから、相当無茶しても大丈夫だろうという自暴自棄な方は
  これをぜひ覚えておいて欲しい。

 2003年6月26日、少年院を出たAとBが和解協議の席に出席して初めて遺族に直接謝罪。青木君の母親が暴行の日に息子が着ていた泥だらけのシャツを持ちこむと、Aは泣きじゃくり、Bは「申し訳ありません」「一生かけて償います」と頭を下げた。

 同年7月3日、計6000万円支払うことで和解成立。

 04年1月、遺族が見張り役だった3人とその両親に計約3000万円の損害賠償を求め提訴。


  1~2年務めるだけではすまないのだ。
  事によっては何億ともなるだろう。

  世間から哀れみの目で見られ、
  わずかな仲間さえも手のひらを返して去って行く前に考え直して欲しい。


  少年院には帝王学的な強い仲間意識を育てる教育をお願いしたい。
  こういう犯罪を起こす家庭環境はたいてい崩壊してる。
  愛情もって育てられてたら自暴自棄にはおちいらない。
  だから強い自立意識と仲間を思いやるだけの人格を少年院できちんと育てないといけない。

  むしろその家庭環境に返してはいけないのだ。
  きちんと自立させ、院を離れるときは一人暮らし。
  そして信頼できる仲間と協力していける環境までレールをひく必要があると思う。
  仲間は同じ少年院生がいいかもしれない。
  共に支えあい、守るべき仲間がいてはじめて人格が形成される。



  、、、、なーーーんてねww

  YouTubeのたった一コマみただけでそんなことわかるわけないじゃないw
  事件のことも少年法も平岡議員も全然知らないし、
  当事者とあったこともないから、他になんかいろいろあるのかもね。
  ふと思ったこと好き勝手につなげたら長文になってしまいましたとさ(o ̄∇ ̄)o


追記:


( ;^ω^)<へいわぼけ: 民主党のネクスト法務大臣が子供を殺された親に「彼等にも犯罪を犯す事情があった」


162 名前: 建設作業員(東京都)[] 投稿日:2007/06/29(金) 21:27:46 ID:AyRUnwLv0
だいたい、あんたの子供も犯罪者になる可能性があるからってなんだよ

自分の子供が加害者になったら罪を軽くして欲しいと思うのか?

もし俺だったら自分の子供が殺人犯したら、自分の手で子供を始末するよ。

197 名前: くじら(アラバマ州)[sage] 投稿日:2007/06/29(金) 21:31:55 ID:nFC11QKI0
>>162
同じく

もし、人様を快楽で殺したら
滅多切りにして自分の子を殺すよ。
自分にもそういう風に育てた責任があるから自殺する。


  批判相次ぐけど、これはいきすぎw
  責任もって更生させろ^^;

  論点がズレてる気がする。
  「被害者の恨みを晴らしたい!」のと
  「加害者をどうやって更生させるべきか?」と。

  話がそこで平行してるから、どうやって更生、予防していくか
  っていうところに全然進まないんだけど、
  納得のいく裁き方の議論よりも、
  更生と予防を議論するほうが事件減らすことにつながると思う。


  懲役受けて、賠償金払うまでは別にどちらも異論はないだろうけど
  その前提として
  「そういういかれた奴は一生更生しないから、死刑か無期懲役」
  「そんな奴でも生まれ変わる望みはある」
  という認識で全然違うかあ、、、。

  しかし、恨みって例え自分の手で加害者を殺しても晴れないだろうしねえ。
  それでも「日の光を浴びさせたくない」ってはいってたね。
  つまり、加害者が許されること自体ダメなわけだ。

  そんなことに心奪われてたら自分の幸せすら逃しそうだが、、、、
  だって自分の絶対的な幸せを考えるなら、
  加害者への恨み憎しみなんか忘れて、
  自分の為に生きるほうがいいじゃない。

  、、、、ああ、そうか。
  その「加害者と比べて自分が圧倒的に幸せ」じゃないと納得できないよね。
  それならわかる。
  自分の絶対的な幸せが下がってでも、
  相手が自分より不幸じゃないと気がすまないわけだ。
  この気持ちは何度も経験したことあるからよくわかるわ。

  でもこれって、全日制に進学しようとした被害者を嫉妬した加害者が
  自分の絶対的な幸せが下がってでも(パクられても)
  相手が自分より不幸(定時に降りろ、じゃなければ、、、)
  じゃないと気がすまない。
  という嫉妬と同じことだね。
  嫉妬の悪循環ってやつか。


著作権フリーの時代は到来しないから、みんな安心して欲しいというたくさんの理由。 - あるSEとゲーマーの四方山話

ふと昔の会社のチームを思い出した。
チーム内に優秀な人がいて、みんなより高い給料をもらってたのだが、
あまり優秀でない人が
「みんなで作業してるのになんであいつだけ給料が多いのだ?
それだったら自分の給料下げてでもいいからみんな同じ給料にして欲しい」
と漏らしたことがあって、僕は必至で顔に出さないようにはしてたが
かなり度肝ぬかれたww

僕がそのチームを去ることにしたのは言うまでもない。


  人間の嫉妬、コンプレックスって面白すぎw


  そういう生き方もアリだと思うよ。
  僕は近寄らないようにするだけだからw

  相対的に常に他人と自分を比較して、敵を恨み嫉妬し続けて生きるというのも
  ひとつの生き方だと思う。
  
  1. コメントを書く(4)
  2. トラックバック(0)
  3. 2007/07/01
  4. このエントリーを含むはてなブックマーク

<<降水確率40%で分かれた判断 | ブログトップに戻る| 高収益会社Googleと極貧層の子供たち>>

コメント

<たっく> 

たぶん、深読みしすぎw
存在意義がどうこうなんて考えてる加害者なんてかなりの少数だと思うよ。

加害者の更正ばかり言ってる人はほぼ偽善臭い。
生い立ちが悪かったから・・・みたいな事言ってるけどそれじゃ生い立ちの悪い人が全員殺人者になるみたいじゃないか。
生い立ちが悪くてもしっかりマジメに生きてる人はいるわけで、その人達への差別に等しい。

まあ、光市母子殺人事件の弁護団に比べたら遥かにマシだけどね。
あそこまでいくとどうしようもない・・・。
  1. #2NZBXl8Y
  2. [編集] |
  3. 2007/07/01

<てるやん> 

YouTubeしかみてないから、深読みも深読みなんだけどね^^;

存在意義って難しい言葉じゃなくても、
無意識のところでなげやりになってて「ヒマ」とか「どうでもいい」
っていう無関心につながってると思うよ。
だからそんな自分を「かわいそう」っていう目で見られるのが一番嫌なのさ。
(これは犯罪者だけじゃなくニートとかでもねw)

あと生い立ちってのは、「金持ち」か「極貧」かじゃなくて
「愛情」の有り無しだと思う。
金持ちでも毎日親にあれこれ否定され続けてれば荒れるし
親もお金もない子供でも、兄弟愛があれば強い絆でしっかり生きたりするしね。

だから加害者のほうがたいてい哀れであって、
「他人に認められる」という経験を多く持ち
「誰かを守る」という強い絆をもたないと
社会コミュニケーションの人格が育たないんだよ。

そこを少年院のシステムで教育できたら再犯率はぐっと減ると思う。
「ナチュラルボーンキラーは生まれたときから刑務所に送ってしまえ」
ってんじゃあちょっと異常な社会だしねw
  1. #XCrtMn7Q
  2. [編集] |
  3. 2007/07/01

<たっく> 

>あと生い立ちってのは、「金持ち」か「極貧」かじゃなくて
>「愛情」の有り無しだと思う。

もちろんそれも含めてね。
愛情が貰えなかったからじゃあ何してもいいとはならない。
可哀想だとは思うけど甘えるな。

>そこを少年院のシステムで教育できたら再犯率はぐっと減ると思う。

そこが問題。
今の少年院に果たしてどこまで更正させる能力があるかってトコ。
どうせ刑期が終われば適当に排出してるんだろう。
加害者の更正を唱える人達は再犯率を0%とは言わないけどそれに近い数値になるよう責任を持って改善すべきだ。
  1. #2NZBXl8Y
  2. [編集] |
  3. 2007/07/01

<てるやん> 

>愛情が貰えなかったからじゃあ何してもいいとはならない。

これはそのとおりで、だから裁判と刑罰はアリだと思う。
どう育ってもこの言い訳は通らない。

ほんとに問題は「どう更生するか?」だ。


しかしもし本当に幼少期からずっと親の暴力や性的虐待、
ネチネチとずっと小言でプレッシャーかけられて育ったりしたら
絶対ひねくれると思う。

そんな環境で育った子供が
他人に愛情をもって接するというイメージがわかない。

だから罪は裁かれて償うべきでも
その人まで憎もうとは思えない。


人間は理性では賢くても、本能的には凄いバカなんだと思うよ。
心や意思があるように見えて、本質的には環境に反応してるだけでさ。

でも逆説としてそうやって人類は自分を「セルフコントロール」できないから
絶滅せずに環境の変化に対応できるんだと思う。


>今の少年院に果たしてどこまで更正させる能力があるかってトコ

核家族化して、家族のネットワークが弱くなったのと
年功序列で同じ仕事をこなしてれば良かったときと違って
今はあまりに仕事の変化が激しいのが、
良いコミュニケーションできなくなってる
ひとつの要因なんじゃないかと思う。

家族で良好なコミュニケーションできない人はまず間違いなく
社会での良好なコミュニケーションもできてない。
そこに必要なのは同じ技術(愛情)だからね。
(あ、そうか。会社側は面接のとき家族の質問すれば
コミュニケーション力を簡単に割り出せそうだなw)


ゆえに、少年院もお互いを認め合う家族的なチーム作りや
その仲間と一緒に社会復帰させる絆をつなぐやり方とかが
いいんじゃないかと思うが。
(結局、それGoogle!のやり方なんだけどねw)

税金の予算の関係もあるだろうが、
事がおこってから裁くほうに税金をかけるよりも、
あらかじめ予防するほうに税金をかけて欲しいもんだ。
  1. #XCrtMn7Q
  2. [編集] |
  3. 2007/07/01
なまえ:


コメント:

※スパム対策用に英数字のみのコメントをブロックしてます。

: 後で編集・削除用パスワード(設定しなくてもOK)



トラックバックURL: http://finalf12.blog82.fc2.com/tb.php/628-4b980665


※スパム対策用に、言及リンクのないトラックバック、英数字のみのトラックバックを制限しています。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 更新停止。

 <てるやん>(ゲーマー)
 teruyastarはかく語りき
(てるやんの移転先)


 <たっく>(SE)

過去ログ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。